日本語の冒険

著者 : 阿刀田高
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年3月24日発売)
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101469

作品紹介

いろはカルタ、辞書、クロスワード。言葉の上達のコツは、空想と遊びにあり。多彩で、むずかしくて、すばらしい。日本語と上手〜くつきあう法、小説家の阿刀田先生が教えます。愉快に読み解くとっておきエッセイ。

日本語の冒険の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H30/2/4

  • エッセイのような小説。
    不思議な感じがしましたが
    とても面白く、読んでよかった、これ、と思いました。

  • 阿刀田さんのいつもの感じで日本語に切り込む!って雰囲気丸出しの本。いろはカルタから始まります。いろはカルタをマスターすると小説家になれるそうです。
    それは横においといて、いま一度カルタを読むと面白いですね。「屁をひって尻つぼめ」が「へ」のカルタなんだけど、当世にも通じるもんが十分ありますよね。おならをした後に知らん顔をする事らしいけど、表現がいい。こんど、自分の失敗を隠そうとする若者に言ってやろうかな。

全3件中 1 - 3件を表示

阿刀田高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本語の冒険はこんな本です

ツイートする