オスカー・ピル 下 体内に潜入せよ!

  • 18人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 坂田 雪子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101544

作品紹介

体内に潜入したオスカーが目にしたのは、世にも奇妙な人たち。赤血球の少女・バレンタインと肝臓に住む少年・ローレンスとの出会いが、やがてオスカーを大事件へとまきこんでいく!読みはじめたらとまらない!世界16カ国をとりこにした傑作ファンタジー。

オスカー・ピル 下 体内に潜入せよ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メディキュスの訓練で、ついに人間の体内へと入ったオスカー。
    赤血球の少女バレンタインと、肝臓に住む少年ローレンスと出会い、一緒に行動することになる。
    この元気な赤毛のバレンタインと、物知りで金髪のローレンス。
    なんと体内ではなく、体外の世界についてきてしまった。
    こういうとこおもしろいよね。赤血球なのに体の外にでて、人間と同じサイズになるって。まあ体内にこういう人型のものがいるってのもユニークですけど。。

    父親について本当のことが知りたくてたまらないオスカーは、本のボイドにそそのかされて、クミデス・サークルに無断で体内に入り・・。
    胆汁「ネクタル」の作り方がわかったり、12歳の少年が主役なんで友情が描かれてたり、いいね。

    無実を証明するため冒険をくりひろげることになる。
    全5巻シリーズで、次は心臓と肺を冒険するらしい。また人体のしくみがうまいこと説明されるんだろね。
    全部上下巻なのかなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

エリ・アンダーソンの作品

オスカー・ピル 下 体内に潜入せよ!はこんな本です

ツイートする