オスカー・ピル 上 体内に潜入せよ!

制作 : 坂田 雪子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月25日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101551

作品紹介

オスカー・ピルは12歳の少年。母と姉とごくふつうにくらしていたが、ある日突然やってきた使者から、実はメディキュスになるという隠れた才能をもっていると告げられる。メディキュスとは、魔法で人間の体内に入り、病気を治す力をもつ人々のこと。その日から、オスカーの不思議な冒険の日々がはじまった-。

オスカー・ピル 上 体内に潜入せよ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カラダが小さくなってミクロの世界で冒険するっていう話はよくありますが、これは、うまれもっての「メディキュス」というものになる才能があった少年という設定。
    生き物の体内に入って「パトロギュス」がつくった病気を戦って治すという。ユニークですね。体内の5つの宇宙、消化器官を通ってくらしい。
    カナリアの体内で会議したり。皮膚細胞なんてでてくるの。
    作家が医師ということもあり、体の不思議です。

  • 体内に入り、傷を癒すことができる力を持つ「メディキュス」と、病気で人を蝕む力を持つ「黒のプリンス」
    プリンスの野望を阻止するために、とある機関は幼いメディキュスの育成を決める。
    その機関からスカウトされたオスカーを待っていたのは、未知の世界での生活と冒険だった。

    人間の体内に入った場面では、この組織がこんなキャラクターになっているのかと、楽しく読めるところが多くありました。
    キャラの言葉の言い回しには洋書独特のクセがあり、そこがまた面白い表現になっていました。

    ですが、体内にモーターボートが登場するのはいかがなものかと・・・異質なものを出すのではなく、乗り物などを出すなら全て体組織でまかなってほしかったです。
    そして、設定がどことなくハリーポッターに似通っているところがあるような気がして、どこかで見たことのあるようなファンタジーのように感じました。

全2件中 1 - 2件を表示

エリ・アンダーソンの作品

オスカー・ピル 上 体内に潜入せよ!はこんな本です

ツイートする