ヴァルキリーズ (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.06
  • (0)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 60
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101575

作品紹介・あらすじ

『アルケミスト』の執筆直後、パウロは師であるマスターJに課題を与えられた。それは「守護天使と話し"誰もが自分の愛するものを殺す"という詩ののろいを解く」というもの。パウロと妻クリスは40日間の砂漠の旅を始め、守護天使に会うための条件を知るヴァルキリーズと呼ばれる女性集団に出会った。パウロとクリスは彼女たちと旅を続ける中、嫉妬や自己疑念、激しい恐怖と戦わなければならなくなる-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 星の巡礼に近い、求道していく作品だけれども、
    パウロの妻クリスが居ることでまた違う色になっている。

    本の中で使われている言葉は
    私たちの日常でも活きるようなエッセンスが
    ちりばめられていることもあり
    厳しすぎないので、
    「アルケミスト」が好きな人にもおすすめできる。

  • スタイルとしては星の巡礼に近いですが、今回は妻が一緒だったので、他者との関係性を含めてどう求道していくか、が違った視点から考えられておもしろかったです。

  • 愛したものの破壊、夢を自ら破壊するという呪いを打ち破ることはできるのか。つまり不確実な何かをまるごと捨ててしまわないという意味での勇気か。

    愛は私たちに死が近づいたときにやってくる、不思議だわ。

    あなたの人生をで努力家する価値のあることだけをしなさい。そのようにする人のみこれからやってくる大いなる変容を理解するでしょう。夢に従いなさい。そしてリスクを冒しなさい。

    自分で自分に刷り込んでしまった制限的な考え、つらい体験によって自分で作り出した壁や思い込みによって自分に制限を設け、自分の力を見失っている。そして成功が目の前にやってきてもそれを掴み取ることができない。

    生き生きした人生を送るためにはそれをすてる必要がある。自滅的な思い込みを捨てて、自分に成功と幸せを許すようになるための道。

  • 読み進めるのが遅かった…。

    途中、ドキドキした。

    作者のノンフィクションだった。


    もう一回読んだら
    もっとわかるかもしれないな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人といわれている。2002年よりブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、88か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で3億2000万部以上を売り上げた。多くの名誉ある国際的な賞を受賞しており、そのなかにはフランスのレジオン・ドヌール勲章がある。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2021年 『弓を引く人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パウロ・コエーリョの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×