サッカーの神様をさがして

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年6月1日発売)
3.69
  • (3)
  • (13)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041101841

サッカーの神様をさがしての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここまでシビアじゃないけど、弱っちかった高校のサッカー部をちょっと思い出した。

    バレバレだけど含みを持たせた終わり方は、若干無理矢理感があるかな。

  • 春彦に自分を重ねて読んだ。小学六年のときに大好きだったサッカーを仲間とのケンカであっけなく、やめてしまった。以来、サッカーをやりたい気持ちを自分の奥にしまい込んでしまった。ガキがサッカーチームに入ったおかげで、四十歳を過ぎてからまたボールを蹴る機会を得た。それから十年くらいになる。一緒にボールを蹴るおやじ仲間に恵まれ、まるで夏休みの小学生のように週末ごとにボールを追いかけている。春彦をはじめ山吹東サッカー部創設メンバーを見ていると、やりたいことはやるべき、せっかく手にしたら絶対に手を放しちゃダメ、ものごとを始めるのに遅いことなんてないんだと思う。いくつになってもこれは一緒だ。環境が整っていなくても、サッカーをやりたいという気持ちをもって集まった玉井部長と仲間たちは幸せだ。やりたいことがあるっていうのはものすごいパワーだ。やりたいことも見当たらず、暇を持て余して酒を飲んでる場合じゃないと思う。
    春彦たちがそんな気持ちを思い出させてくれた。
    春彦たちは山吹vs山吹東の試合で八千草と再会できたのかな?みんが笑顔で再会を喜べたならいいな。
    ところでナカムラって誰なんだろう?八千草としか思えないけど……

  • かんどうしました

  • 編集者を辞めサッカーライターになった男。仕事もなくブログで自身の高校時代のサッカー体験を書き出した。その物語の中に出てくるサッカーの神様という言葉を契機にサッカーの神様を探し始める。そして自分にとってサッカーの神様とは誰だったか気づいていく。

  • 青春小説!

  • とある高校のサッカー部(同好会)での出来事を中心に展開するストーリー。

    「サッカーの神様」をキーワードにいろいろな出来事が交錯していく。

    熱かった高校時代を振り返り、大人になってまた蘇り、熱くなる思い。
    なかなか面白い一冊だった。

  • 最近サッカーを見るのにハマったので読んでみました!
    内容は面白かったです。学生時代の話の方が多いので、青春ど真ん中の学生さんが読むのも良いかなって思います!

  • はらだみずきらしい青春サッカー小説。
    そんな感じなので、サラっと読めます。
    肩肘を張らずにどうぞ。

    舞台になる地域が、今僕が住んでいる新検見川地区を含んでおり、結構イメージが湧きやすかったです。
    舞台となる高校は、八千代東高校で、ライバル高は八千代高校なのかなぁ。そんなジモティー感たっぷり。

  • 〈内容〉入学した新設高校には、サッカー部が存在しなかった。春彦は部の結成に奔走するが、多くの課題に直面してしまう。そんななか、監督に名乗りをあげたのは、右足に障害を抱える不思議な少年だった……

全10件中 1 - 10件を表示

サッカーの神様をさがしてのその他の作品

はらだみずきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
近藤 史恵
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
池井戸 潤
はらだ みずき
伊坂 幸太郎
PK
伊坂 幸太郎
夏川 草介
百田 尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする