上昇思考幸せを感じるために大切なこと

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.73
  • (67)
  • (122)
  • (104)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 955
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102183

作品紹介・あらすじ

人としての成長に欠かせない「感謝の心」-試合前に必ず読むという祖母からの手紙とは。世界で戦うメンタルを支える思考法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず、イライラしないこと。
    ネガティヴに考えず、ポジティブに考えること。
    そういう人を自分の近くに置くこと。
    たくさん笑うこと。
    困難やミスがあれば自分が成長するための糧だと捉える。
    様々なことに想像を膨らませて感謝をすること。
    そしてそれでも凹む時には空を見上げること。
    言うは易し、行うは難しですね。
    長友さんが世界で活躍できる理由がわかる本でした。

  • 人間の大きさが、心の余裕につながり、どんなことにも動じない芯の強さを生み出しているのだろう。

    本当に前向きになれる、勇気をもらえる言葉が沢山あった。
    所々に付箋を貼りたい一冊。

  • 二番煎じの便乗本。一作目の「日本男児」と何が違うのか?神輿を担ぐほうがもう少し戦略を考えてやらないと。。。。

  • 何事にも感謝して、どんな状況も楽しんで、感情をコントロールし、圧倒的な努力。これだけやる人間はサッカー以外でも一流の人間なんだろう。

  • 他の本と似たところがあるが、心のトレーニング部分はとても参考になった。

  • 結婚おめでとう

  • ちょうど今が、長友さんが夢に描いてた30才。世界一のサイドバックになってほしい!

  • 2012年の再読。
    長谷部選手の「心を整える。」が大流行した時に、合わせて読んでみようと思って購入したように記憶してます。

    読んでいて改めて思ったのは、有名人の自己啓発書は「その瞬間にノッていたかどうか」が重要ということ。
    文章/文体そのものから、ポジティブさや向上心が溢れ出ている。

    内容に目新しさはないものの、"あの長友もこうしてハードルを乗り越えていったんだな"と感じられる内容。また、文章は平易すぎるほど平易だが、それが返って読みやすさや親しみやすさを感じられる。

    欧州リーグに次々渡っていった時代の選手は皆好きだが、その中でも長友選手は一番好きだな、と思えた一冊。


    【ポイント】
    ほぼ以下の文章に集約できると思う。

    ◎メンタルトレーニングの効果を高める「心のノート」
    心を鍛えていくということは、一朝一夕でできるものではないし、苦労せずにそれを叶えてくれる特効薬があるわけでもない。毎日の反省の積み重ねこそが大事になってくる。それを継続させていく意味でも『心のノート』は役に立つ。

  • 相方さんに借りた一冊。「世界共通のバカ」と「素の自分」って章が好きかな。自分にプライドを持つことも大事だが、それにこだわりすぎないこと。みんなを笑顔にして、気持ち良く過ごすためには、ある程度は自分がバカにされてもかまわないというふうに心に余裕を持つ。賢くなければできない、「生きていくための処世術」という。共感できる。プライドに固執せずに場を和ませるための空気を自ら作っていく。自分もそうでありたいな、と思う。

  • 一流のサッカー選手である以前に、一流の人間になろう。世界で活躍する長友が、常に安定したプレイをするため、常日頃心がけている思考の仕方、メンタルの磨きかたを解説している。一流の人間になるためには、ブレない芯をしっかりと持ち、ロジカルな考え方が出来てこそだと感じさせる。彼のようなカッコいい生き方をしたい。

全134件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長友佑都(ながとも・ゆうと)
1986年愛媛県生まれ。東福岡高校、明治大学のサッカー部を経て、2008年FC東京でプロデビュー。同年日本代表に初招集され、8月の北京五輪に出場。2010年南アフリカW杯では全4試合にフル出場。同年7月に世界一の強豪チームがひしめくイタリア・セリエAのACチェゼーナへ移籍。半年後の2011年1月、現在の所属チームのイタリアを代表する超名門クラブ、インテル・ミラノに入団。背番号は55。2014年-2015年シーズンは副キャプテンとしてチームの中心選手に。2014年ブラジルW杯でも、日本代表としてフル出場を果たす。肩の故障をきっかけにヨガを習得。メンタル面の強さにも磨きをかけ、2015年-2016年シーズンではスタメンを奪取。2017年1月に女優の平愛梨さんと結婚。著者に『日本男児』(ポプラ社)、『長友佑都の体幹トレーニング20』(KKベストセラーズ)、『長友佑都のヨガ友』(飛鳥新社)など。

「2017年 『長友佑都の食事革命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上昇思考幸せを感じるために大切なことのその他の作品

長友佑都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長友佑都
落合博満
三浦 しをん
松下 幸之助
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

上昇思考幸せを感じるために大切なことを本棚に登録しているひと

ツイートする