日本人を操る8つの言葉 (oneテーマ21)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年4月10日発売)
3.16
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102220

日本人を操る8つの言葉 (oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外国から見た日本の理解できないところをまとめた本。
    ご説ごもっともだが、日本人から見て西洋の理解できないところもあるし、アフリカ人から見たら両方とも不思議なところもあるだろう。
    相互理解を深めることが重要ということか。

  • 港南&三田Lib

  • 外国人を夫に持つ日本人女性によるエッセイ的な一冊。
    8つの言葉、は正直タイトルだけで、主にフランス人と日本人を比較して、日本人ってここがダメよね、と、主婦同志が話しているのとあまり変わらないレベルの話題を海外のナマのエピソードがあるがゆえに付加価値が上がっている印象。気候も生活習慣も違うわけだから、ことさら比較してダメ出しするよりもその違いを受け入れることのほうがずっと前向きかと思いますがねぇ。

  • 外から見た日本。
    日本の社会のあり様を村社会に表すことがあるが、本文中の日本のサラリーマンを泰平の江戸時代、藩に生きる武士に例えた一説は、とても納得、共感した。

    もちろん、文化的差異が生じるのは、当然であるが、日本の良きところ、忘却してしまったところ、顧みることをさせてくれる。
    著者によって緩やかに書かれた、一筆一筆が心地よい。婆ちゃんとお茶でもしながら、話を拝聴してよう。

    時として、異文化圏からは奇異に映ることもあるだろう。
    一長一短で、日本人の良いところ悪いところ、そうだよなーとリラックスしながら、小話を聞ける一冊でした。

    中々、好きでした。

  • 人間関係
    スケジュール
    派閥
    世間体
    自己実現
    情報
    若さ
    創意工夫


    ご説ご尤ものことばかりでしたが、そうでない日本人もたくさんいるし、欧米流のやり方が良いとばかり言えないこともたくさんあって、じゃぁどうしたらいいんだと、何ともスッキリしない読後感になりました。

    (2012/6/22)

  • 南仏プロヴァンス在住のデュラン・れい子さんの書。
    「チャンネル桜」に出演されるのと、20万部のベストセラー「一度も植民地になったことがない日本」で有名。

    チャンネル桜に登場されているので、もう少し、保守的・日本賞賛的な本かと思ったけども、海外在住ならではの視点で日本を眺め、やや冷ややかに意見されている。

    全般的にエッセイ風で、もう少し深い考察があったほうがよいと思うが、この本のタイトルにある通り8つの言葉は、確かに日本を操っているのかもしれないと思う。
    ただ、だから「悪い」というのではなくて、そういう視点と逆価値のものがあるということを日本人が知る必要があると思う。そう感じた。

    ----------------
    【目次】
    第一章 人間関係
    第二章 スケジュール
    第三章 派閥
    第四章 世間体
    第五章 自己実現
    第六章 情報
    第七章 若さ
    第八章 創意工夫
    ----------------

  • デュランれい子さんはスウェーデン人と結婚して欧州で長年生活してきた人なのだそうだ。
    その彼女から見た、もしくは欧州の友人達に彼女が質問されてきた日本の変な所・不合理な所8つを取り上げて考察している本がこの本である。
    その8つとはすなわち「人間関係、スケジュール、派閥、世間体、自己実現、情報(マスコミ)、若さ、創意工夫」である。
    この8つのキーワードがどんな風に日本人の生活を縛っているかは本書に譲るとして、以下私の感想を述べていくことにしたい。

    これは日本人が個人でどうこう出来る範囲の話ではない。これらはすべて日本社会の持つ同調圧力に端を発しているからである。すなわち村八分に合わないためにしている努力であったり、その副産物であったりするからだ。
    同調圧力は恐らく日本人の習性の中で最も強い原理である。それは日本社会の外にあって「日本人ってヘンだよね」と言っている彼らでさえ、一人で日本に住みうっかりタブーを犯し、コミュニティから弾かれた時には「だんだん、だんだん、私の方が情けない気持ちになってきました。こちらが挨拶しても、私を見ながらニコリともしないで無表情に通り過ぎる。日本人にはストレスにならないんですか?」(p.29)という発言をするハメになる。
    現在の日本の閉塞感を打ち破る突破口にはならないかもしれないが、日本人を知るには良いきっかけになる本。

  •  外から見る日本は、また違ったものが見えてくる。著者は、日本にあふれている事柄の中で、次の8つに絞って「日本人独特のヘンなこだわり」について述べている。

     人間関係
     スケジュール
     派閥
     世間体
     自己実現
     情報
     若さ
     創意工夫

     年末になると書店や文房具店で決まって行なうフェアがある。それは手帳だ。手帳がそこかしこあふれかえっている。著名人監修の手帳などというものまで出て、手帳で人生が変わるといった文言が踊る。手帳に自分の人生をゆだねるのはどうかと思う。有名人の手帳で、使いやすいと思ったものはなかったので、自分に合う手帳を自分の書きたいように書くのが一番だ。著者は、手帳がこれほどまでもてはやされるのが理解できないと述べている。「手帳狂想曲」は、どこまで続くのか。

     マスコミの情報におどらされやすい日本人に、著者はマスコミを意識しすぎていると指摘している。人気のスイーツが日本発上陸といった報道をするとすぐ群がる。グルメ検索サイト「食べログ」の一部業者によるやらせ記事が浮かんでくる。情報といえば、去年の原発事故における政府による「大本営発表」。図らずも「(ウソ)という魔法の言葉で(原子力ムラという)楽しい仲間がポポポポーン」と不都合な真実が「見える化」になった。世論調査に対する疑いの目も出てきている。

     こだわりを持つのはいいが、肩を抜いてあの高田純次を見習って「適当」になると気楽になるかなと思うことがある。油汚れ並みにこびりついているだけにそう簡単にはとれない。著者の視点は、なかなか面白い。これからも独自の視点から日本について論じて欲しい。

  • 2012/04/24-18:33 目新しい事はあまりない

全11件中 1 - 10件を表示

日本人を操る8つの言葉 (oneテーマ21)のその他の作品

デュラン・れい子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
榎本 まみ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人を操る8つの言葉 (oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする