女王、エリザベスの治世 先進国の王政記 (oneテーマ21)

著者 : 小林章夫
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年5月10日発売)
3.30
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 30人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102404

作品紹介

第二次大戦後から玉座を60年にわたって守り続けてきた、現代史を体現する女王は何をし、何を見てきたのか?王室から歴史の奔流を見つめ直す。

女王、エリザベスの治世 先進国の王政記 (oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中迄の歴史に紐付く落ち着きから一転後半はゴシップ

  • イギリス王室、また関連する首相についてもわかりやすくまとめられていた。
    ダイアナ妃のエピソード等、個別に気になったものは他の文献でさらに深く知りたいなあと思った。
    巻末の文献一覧もよかった。

    2015.03.09

  • 読了。

  • ちょっとした英国近現代史という内容で、思ったよりも面白かった。
    貴族院が最高裁判所の役割を果たすようになったそう。だからイギリスのバリスタってあんなカツラかぶってるんだーと思った。
    アイルランドの歴史も簡単にわかってよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

女王、エリザベスの治世 先進国の王政記 (oneテーマ21)のその他の作品

小林章夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

女王、エリザベスの治世 先進国の王政記 (oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする