小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.12
  • (59)
  • (62)
  • (28)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 615
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102527

作品紹介・あらすじ

大沢在昌さんが「一人称の書き方」「キャラクター造形」「プロットの作り方」など項目別に、自身の経験も交えながら実践的・具体的に解説。
連載時に複数の現役作家からも大きな反響を呼んでいた講座の単行本化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなにふせんを張りまくった本は、久しぶりだろう。
    本、文章術、作家論、全てのジャンルを網羅している素晴らしい一冊。

    のっけから、初版4000部、定価1700円、印税10%とした場合の
    手取り額68万円という事実が出される。
    いくら力作を書いてもこの程度と言う現実、そして
    本書で語られているように、プロはそれでも書き続けて”売れる”
    作品を出すことが条件ということ。

    作家としてデビューすることは簡単、ただしプロとして
    続けていくことは別物、は本書を読んで納得した。
    「本を一冊出すために、どれだけ多くの人が労力を使ったかを
    感じなければならない」
    「本書を手に取ってくれるかもしれない、見えない読者のことを考えて
    決して疎かな作品を作らない」

    安易に作家デビューを考えてしまいがちだが、
    売れている作家はすごいんだ、ということを実感させられた。

    本書は講義形式で、プロ志望の方々の作品も解説、批評しながら
    進んで行くが、読む限りおそらくこの中からはデビューできた人は
    いないんじゃないかと思った。
    やっぱり、それくらいプロとそれ以外の差は大きい。

  • もちろん、こういう本を読んだからといって、小説を書いてみようなどという大それたことに挑戦しようことでは毛頭ない。
    「新宿鮫」シリーズをずっと読んできて、それを書いた作家が小説を書くということをどのようにとらえているのか(コンセプト)ということに興味があったことと、実際に文章を書くときにどんなことに注意して書いているのだろう(技術)ということを知りたかったのである。
    文章を書き、それを自らの生業にしているというのは、あらためて大変なことだと実感させられた。

  • 前から少し思ってはいたけど、大沢在昌ってすごく上から目線の言い方が多いよね。もう確定的なのはこの本で新宿鮫の絆回廊がWEB新聞で連載されたいきさつを喋っているとき。
    WEB読者の女性をつかまえて「・・そんなことも知らなかったのかよ」呼ばわりですよ。相手は読者/お客様なんですよ。

    まあでもそういう貪欲でケチでお金に汚いところが無いと大沢在昌とは言えないのだろうねwww。
    俺の本が面白くてたくさん売れてんだから文句わねえだろ! はい、おっしゃるとおりです。ごめんなさいオオサワおやびん。

    加えて、宮部さんと京極さんという超売れっ子作家二人を自分の事務所の所属にしてしまっていることも大きな疑問を伴う驚きです。
    やっぱ宮部、京極のおふたりとも何かの弱みをあくどい大沢代官に握られているのかしらぁwww
    でもさ新宿鮫のエピソド「ロケットおっぱいの晶」ってのがこの本にも出てくるけど、わたしはそれ何回聞いて読んでもも只々笑ってしまうだけなのですけど。すまんこってす。すごすご。

  • 「新宿鮫」で知られるハードボイルド作家の大沢在昌氏が講師となった作家教室。「野生時代」での連載の単行本化。
    デビューの素質がある力のある受講生を選び、本腰を入れた本気の講座集です。
    現役作家ということで、自身の経験を交えながら実践的な解説を行っていく様子は本格的。
    編集者も数名交え、講師と受講者の本気がほとばしるガチンコ勝負のような講座が毎回繰り広げられていきます。

    キャリア30年の大御所である著者ながら、大作家の偉さを見せつけることもなく、受講生に添削と指導を行う様子などから、真摯に取り組んでいる様子が伝わってきます。

    彼のようなゆるぎないプロの作家でも、状況に甘んじることなく常に努力し続けており、その姿勢が彼が作家たる所以にもなっています。紹介されるさまざまな技法上のコツは本編に任せて、彼の創作姿勢が何より印象的。受講生にとって大きな刺激になったものと思います。

  • 単に「小説の書き方」を教える本ではなく、デビューのその先を見据えて、筆者が作家として培ったノウハウを惜しみなく晒してくれた一冊。
    実際に講義をおこなったようで、課題として生徒たちが書いた小説のあらすじや、それに対する評価も書かれている。

    さらりと斜め読みできる内容ではないので、読了に時間がかかった。
    どこをひらいても「なるほど」と思える内容のオンパレード。
    作家としての本当の力が試されるのはデビューしてから。それを理解したうえで作家を目指せ。若くしてデビューしたからと言って、そのあとも本を出せるとは限らない。
    ――ごもっともである。

    個人的に特に役立ったのは、
     第五回 プロットの作り方
     第六回 小説には「トゲ」が必要だ
    ようやく欲しい言葉をもらえて、一歩踏み出せるようになった。

  • 読んだことがなくて恐縮なのですが
    『新宿鮫』シリーズで有名な
    大沢在昌さんの小説講座の
    書き起こしです。
     
     
    大沢さんが実際に生徒に与えた課題を
    批評する形で進んでいきます。
     
    自分に照らし合わせて読んでいくと、
    できているところ、できていないところが
    明確化されるようで、身につまされます。
     
    私の場合、特に説明がくどくなってしまっている。
    ブログを書いていたという経験が、
    小説を書くにはマイナスになっているのかな、と。
     
    ブログの場合、Googleに気に入ってもらうために
    『キーワード』を意識して文全体に散りばめたり
    説明をくどいくらいに書いたりします。
     
    大沢さんの言う『小説の書き方』とは
    全然違うことが身にしみてわかりました。
     
    これを読んだ機に、『書き方』にも
    気をつけて、執筆をしていきたいと思います。
     
    小説を書きたいと思っている人には
    おすすめの一冊。

  • 現在、さして売れていない作家がこんな題名の本を書くべきではないし、仮にも作家の立場から「この本を読んで、何度か投稿して芽が出なかったら作家をあきらめろ」なんてことを言ってほしくなかった(売れるまで苦労している人だからそういう部分、もっと応援的かと思っていたのに……)。しかも、そんな画期的な内容ではないし、全般的に古い。これをそのまま実行しても、今の読者は振り向いてくれない。これを騒ぎ立てて取り上げている作家志望者や編集者には、明るい未来はないと思う。デビューできても、たぶん売れないでしょう。そしてこの本をそのまま真に受けて、作家をあきらめる人がたくさん出てきたら、それは出版界にとって大きなマイナスじゃないでしょうか。ただでさえ、あんまり明るい業界ではなくなってきているんだから、もっと前向きになれるようなメッセージを発信してほしかったな。

    そういうわけで、私は作家志望者にこの本を薦めません。これは『売れる作家の全技術』ではなく、『売れた作家の全技術』です。
    私は作家志望者であり、すでにこの作者のいう「作家をあきらめなければならないライン」に到達していますが、これに反論するためにこれから作家になりたいと思います。

  • #読了。なるほど、作家さんというのはこういうことを考えて書いているのか、というのがよく分かった。もちろん作家さんによって考え方も、取り組み方法も変わるのだろうが、大沢さんは好きな作家だったので興味深く読めた。しかし、作家というのはなかなか食えない職業なんだな。

  • 再読。やっぱり参考になることばっかり書いてある。本当に講座でもこれだけすぱすぱ例え話が出てきたのだろうか……すごいなあ。フィーリングばっかりで書いてる作家じゃないからこういうハウツー話ができるんだろうな。

  • 小説の書き方はその人の持っている語彙力や観察力からくる引き出し次第。
    基本的なことは本を読んでいれば身についている。
    文章を書くことをしていこうと思ったので読んでみたが、とりあえず書いてみろ!
    と最もなことを言われた感じだった。

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけないのその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
ジャレド・ダイア...
朝井 リョウ
ウォルター・アイ...
ジェームス W....
佐々木 圭一
村上 春樹
高野 和明
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけないを本棚に登録しているひと

ツイートする