正義のセ

著者 :
制作 : 荒井 良二 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.51
  • (26)
  • (63)
  • (91)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 444
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもの頃から正義感の強かった女の子が検事となり、奮闘する物語。罰するというだけでは割り切れない事件を悩みながらひとつひとつ片づけていく。豆腐屋である家族とのやり取りがあたたかく、堅い題材を扱いながらも和やかな空気が感じられ、楽しめる。ドラマ向きだと思う。

  • 阿川さんの性格か、スッキリした文章が読みやすいし面白かったです。

  • エッセイだと思って開いたら、なんと小説。
    それも、主人公が検事になるという話だから驚いた。
    かなりハズシてしまった感があったが、読み進めれば面白いのでまた驚いた。
    まさかどんでん返しがあるのか? という展開さえも頭をかすめたがそれは期待しすぎだった。

  • 子供の頃から正義感が強かった凛々子。晴れて念願の検事となり意欲に燃えるものの苦戦の連続。そのうえ恋人から結婚と仕事の選択をせまられたり、同期の親友が不倫スキャンダルに巻き込まれたり…。同僚や先輩、刑事や家族に支えられながらひとつずつ難関に挑む凛々子は、ついにある大失態をおかしてしまう…。

  • 凛々子がマジメに頑張っている新米検事ぶりも悪くなかったけど、私は子供ながらに正義感が強い小学生の頃のエピソードが一番面白かったかな。

    大人になってからの凛々子には、あまり正義感の強さを感じられませんでした。あれ?何でだろ?

    凛々子たちの同期会。お堅い職業の検事だけど、女性が集まると賑やかで華やか。それに意外とチャラチャラって感じ。

    木綿一丁、絹一丁、がんも三つで480円。高いなぁ。スーパーで豆腐を買ってる身としては、凛々子の実家で作ってる豆腐が高級品に思えてしまいます。うちはちょっと買えないなぁ。でも国産大豆で手間暇かけて作ったら、それくらいになっちゃうよね。あぁたまにでいいから美味しいお豆腐食べた〜い。

  • 少し軽いが、爽やかで読みやすかった。

  • 以前書いた,ブログのレビュー記事へのリンク
    http://yassblog.blog.so-net.ne.jp/2013-04-17-1

  • すごく面白いでも、面白くないでもない。この小説読んでいると守秘義務ってこの程度なの?って少し疑問。
    2・3が出てるんなら読んでみようかな…。

  • 子供の頃なぜ検事になろうと思ったのか、そのきっかけの話から始まり、事故死の案件、恋人との別れ、迫ってくる変なセンターわけの男、暴力団の下っ端のチンピラの事件
    笑える泣けるはなしだった。

  • 正義感が強くて融通の効かない凛々子。
    小学校で担任に言われた一言から検事になる。
    堅くてでもハチャメチャなところもある凛々子は
    阿川さんの分身のよう。
    3冊まとめて借りたので、続きが楽しみ。

    【図書館・初読・10/23読了】

全87件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

阿川佐和子

一九五三年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。エッセイスト、作家。九九年、檀ふみとの往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、二〇〇〇年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、〇八年、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。一二年、『聞く力――心をひらく35のヒント』が年間ベストセラー第一位、ミリオンセラーとなった。一四年、菊池寛賞を受賞。最近の著書に、『ことことこーこ』『看る力――アガワ流介護入門』(共著)など。

「2019年 『老人初心者の覚悟』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿川佐和子の作品

ツイートする