お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.88
  • (7)
  • (9)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず最初に引っかかるのは「お化け屋敷プロデューサー? そんな仕事があるの?」ってことだろう。答えは、著者の五味さんが先駆者にして第一人者であるということ。ビジネスとしてのお化け屋敷、恐怖と笑いの関係、お化け屋敷の演出とその発想過程、なぜお金を払って恐怖を感じたいか、など興味深い話題がてんこ盛りです。たまたま目について借りた本だけど、かなり得した気分。

  • 現代型のお化け屋敷の立役者が書いた、お化け屋敷の設計理論本。お化け屋敷は、ただ怖さだけを提供するだけじゃないんです。
    ただ、私はチキンなんで挑戦できませんけどね。

  •  そーなんだよな怖さだけを追求してもお化け屋敷という物は成り立たないものなんだな。なんか目からうろこだった。

     人、人間は探究心を持っている。ある一定の刺激も続けて与えられればそれでは物足りなくなってくる。その上の上、常に狙い続けなければならないこの手のアトラクションは作っていて苦しいかもしれないが、それ以上の何かを得られる本当に価値のあるものだろう。

     著者の人を楽しませる、いや怖がらせる経験と知恵これが本当の財産なのかもしれない。

     だが、自分はお化け屋敷入れない。楽しみたいが怖さが勝つ。

  • チェック項目9箇所。日本のお化け屋敷は「展示しているものを見る」という形態からスタートしている、その起源は、18世紀後半から19世紀前半と言われている。季節感が強いということは当然、「年間を通して平均的に集客できない」というデメリットを持つことになる、一方で「夏と言えばお化け屋敷」と言われるくらいの強烈なイメージは、ビジネスとしては強みでもある。なぜこれほど他人とドラマを共有したいと思っているのだろうか?  それは、自分と相手とが同じ人生を共に生きることに通じるからだ。お化け屋敷とは、恐怖を体験して楽しさを得るアトラクションなのだ。予想はできていてもその予想をどこかの部分で越えていないと、それを怖いとは感じない、ここが、「合わせ」の演出のポイントである。貧乏ゆすりをするのはほとんどが男性である、という研究結果がある、男性は何かの方法を使って積極的にストレスを解決しようとしたり、ストレスから抜け出す方法を見つけようとしたりする、女性はストレスに馴れようとするが、男性はストレスを解決しようとするのだ。「ある国を奪取する場合には征服者は残虐行為を一度で終結させ、その後に民心を獲得しなければならない。逆に恩恵は小出しにして継続的に実施することで民衆の支持を得ることができる」、「愛されるより恐れられるほうが、はるかに安全である」(マキャベリ)。行列の時間は、退屈で不毛なものと考える人たちもいる、けれど、行列はそれほど完全にネガティブなものではない、共感を求めて自主的にできてしまうものであることを考えると、並んでいる人たちはある程度の楽しみをそこで得ているということになる。

  • お化け屋敷、を事業プロジェクトとしてみた場合に、なにがキーポイントになりどのように企画を革新していったのか、客観的に第3者の自分でもわかりやすく整理されていた本。でも途中で読むjのやめちゃったけど。もうちょい普遍的な要素に分析されていると読み進められたかなぁ。「ストーリー」がポイントというのはどの事業でも言える、と深く納得。

  • 私はお化け屋敷へは行かない。
    本書で言うところの「固定化されている自分が揺らぐことが不愉快だ」と思うタイプだからだ。
    ということを、本書によって知った。

    たまたま先日こういったことを考えていたのだ。
    「人はなぜわざわざお化け屋敷へ行くのか」
    「なぜわざわざ怪談を聞きたがるのか」
    怖い思いをすることが100%わかっているのに、どうしてあえてその体験をしようと思うのか。

    好奇心なのか。好奇心だとしたらそのメカニズムはどうなっているのだろうか。

    そういう疑問に、本書は的確に答えてくれた。
    著者は「お化け屋敷プロデューサー」という今までなかった肩書きを持つ人である。
    古めかしくて子供だましだと思われてきたお化け屋敷を、一流のエンターテイメントに変えた実績を持つ人なのである。
    その仕事ぶりや発想方法、そもそも恐怖とはなんなのか、娯楽としての恐怖のあり方などについて、詳しく書かれている。
    特にすごいなと思ったのは、「信用」と「信頼」の違いの定義だった。ずっとその違いがわからずに来たのだが、ジェットコースターを例にとって非常にわかりやすく解説されている。なるほど、こういうことなのかと、初めて納得できた。

    お化け屋敷へ行きたいと思うのは、たぶん日常が安全で安心できるものだという盤石の基盤があるからなのではないだろうか。「作り物だ、この恐怖は自分の想像力が作り出しているものだ」という理解と、にも関わらず沸き起こる感情の絶妙なバランスが「楽しさ」を生み出す。
    恐怖と楽しさの関係については本書で丁寧に説明されている。まこと、人間の精神活動というのは複雑で入り組んでいるものなのだなあと改めて感心してしまう。

    そしてなにより著者はすばらしいクリエイターなのだ。全力で客を楽しませようと努力し、研究している姿は、創造に関わる者のあるべき姿だと思う。


    私にとって、自分が揺さぶられてコントロールがきかなくなることへの恐怖は存在に関わるほどの大問題なので、できるだけそういうものからは距離を置きたい。だから今後もお化け屋敷へ行くことはないだろうが、人にとっての恐怖についていろいろ知ることができたのは大きな収穫だった。

  • 【新刊情報】お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 689.3/ゴ http://tinyurl.com/bweon36 例を見ない「恐怖」を売り物とするお化け屋敷。どんなことを考えて、ビジネスを成立させているのか?お化け屋敷プロデュースの第一人者が、集客の極意を明らかにする #安城

  • お化け屋敷と、そこに求められる特定の「恐怖」やサービスについて、分析的に書かれている。

全8件中 1 - 8件を表示

お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21)のその他の作品

五味弘文の作品

お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする