劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1

著者 : 高橋悠也
制作 : サンライズ  西田 征史 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年9月22日発売)
3.24
  • (1)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (3)
  • 84人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102879

劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画の補完にあたるような、主人公二人のモノローグ描写がある。小説というよりシナリオドキュメントに近い感じ。映画本篇の流れを損なわないように書かれているのでちょっと物足りない感はあるものの、読みやすいタッチなので、小説はちょっと……な人にもおすすめ。

  • TV版、映画版ともに視聴済。
    映画公開当時に買って積んでいたものを改めて。

    映画の流れをきれいになぞっているので、サブテキストとして優秀。
    始めて目にする設定などもあったのでファンとしては嬉しい。

    唯一、虎徹とバーナビー+αの視点で語られているので、それぞれの考えがよくわかると同時に共感できない部分にイライラしてしまうのが難。
    悪いひとじゃないんだけどなあ……。

  • 虎徹とバーナビーの視点で書かれているので、映像には出ない二人の思考が見えて面白い。ただ二人の視点であるがゆえに大分端折られてるので映画を見た上で読むのがベターだと思う。

  • 劇場版TIGER&BUNNY The Beginningの小説化、第一巻。

    話の流れが虎徹視点とバーナビー視点で書き分けられていて、出会った頃の二人の感情のすれ違いを際立たせています。映画をもっと深く楽しむのにいいツールだと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1のその他の作品

高橋悠也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1に関連する談話室の質問

劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1はこんな本です

劇場版TIGER&BUNNY‐The Beginning‐ vol.1を本棚に登録しているひと

ツイートする