権田原不動産気付バーネット探偵社

著者 : 松永和希
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年9月26日発売)
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 24人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102947

作品紹介

大学を卒業してすぐ、かねてからの夢だった探偵社を設立した俺。その名は、小さな頃から決めていた"バーネット探偵社"。資金不足で、事務所は不動産屋の一角だ。パートナーは不動産屋の孫娘、初依頼はまさかの猫捜し。大丈夫?こわもて営業マンの新右衛門、強烈なざあますバアさん、美人の大家さん、同級生警官の次郎長…怪キャラだらけのこの町で、いつしか猫捜しはストーカー事件に、相続をめぐる騒動に、そしてついには凶悪事件に発展して-。エブリスタ電子書籍大賞2012優秀賞(ミステリー部門)受賞作。

権田原不動産気付バーネット探偵社の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不動産屋さんに間借り中の探偵社。
    不動産屋の実の家業とか
    孫娘の美奈子ちゃんの生い立ち
    若と呼ばれう主人公、
    んー、キャラもいいし、
    お話も悪くないと思うのだけれど、
    なんだろうか。。
    アクの強そうな人がいっぱいでてくるのに
    さらっとしてる。

    もうちょっとパンチがあってもよかったかなぁ。

    気立てのいい美奈子ちゃんの助手でさらなる展開を期待。

  • 不動産屋の一角を間借りする探偵事務所に持ち込まれたネコ探し依頼から始まる大事件。ネット小説の書籍化だそうで、借金取りにまで愛着を持てるコミカルな作風ながら、ザマスおばさんや万年浪人生で犯罪者予備軍の引き籠りといった、ひと昔どころか、ふた昔も前な定型的キャラ付けには苦笑せざるを得ませんでした。章毎に挿入されるポエムも文字サイズを変えるなりしていないため、見た目にバランスが悪いです。犯人摘発の決め手は悪くはないのですが、該当箇所のディテールを特に描き込む必要がないから省いたのか、はたまた字面通り受け取って良いのか、解答を突き付けられるまでどちらにも取れるのがネックといえばネック。探偵と女子小学生のコンビものが好きな自分としては(ニッチ!)もっと美奈ちゃんの活躍を見たかったですね。ベ、別にロリコンなんかじゃ(ry

全3件中 1 - 3件を表示

権田原不動産気付バーネット探偵社のその他の作品

松永和希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
青崎 有吾
愛川 晶
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

権田原不動産気付バーネット探偵社はこんな本です

ツイートする