妄想女刑事

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.67
  • (0)
  • (6)
  • (14)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 68
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041102992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数ヶ月前に読み終えました。内容に関しては記憶が曖昧なので感想は書きませんが、あくまで過去に読んだ事のある本として登録しました。

  • 鳥飼否宇が書かなくてもいいんじゃないかな?
    いっそ同僚のオタク刑事も美中年にしてドラマ化狙っちまえ
    『プロローグ』
    『独身中年ゴシチゴ事件』★★
    『通勤電車バラバラ殺人事件』★
    『日本観光コスプレ変死事件』★★
    『先輩刑事モンペで殉職事件』★
    『世界遺産アリバイ幻視事件』★★★
    『エピローグ』★

  • 方向性に迷いまくっている? お粗末。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11137980.html

  • 人生は妄想の元に成り立っている。
    そうでなければ、つら過ぎて生きていけない。
    と、私は日々妄想しながら生きている。
    妄想の中で一人笑うこともしばしば。。。

    なので、主人公は他人ではない。
    妄想だけで、孤独な宮藤女史、
    ちょっと寂しい感じもするけど、
    結構、こんな人いるんじゃないかなぁ。
    あ、そうでもない?

    という印象が残って
    事件が霞んでしまったかな。

    最後の話は面白かったけど。

  • 妄想っていうか夢っていったほうがしっくりくる。登場人物がつながってても名前覚えるほどのキャラはないから前に戻らないとわからないし、それくらいのだったらわざわざつなげる必要もないかな。

  • なんかなあって感じかなあ。

  • 鳥飼先生の初作品。
    妄想が絡んでいるからなんだろうけれど、変化球なミステリーだった。

  • 至って平凡なミステリ。
    主人公の妄想っぷりもそんなに面白いものでなく残念でした。

  • 念願かなって晴れて警視庁捜査一課に配属された、自称酒豪の宮藤希美。
    彼女には、ある奇癖があった。ところかまわず妄想の世界に入りこんでしまうのだ。
    先輩刑事で美少女オタクの荻野を相手に日夜、妄想じみた珍推理を繰り広げている。
    が、その妄想が、謎めいたバーテンダー御園生独の手にかかると何故か辻褄の合った推理に翻訳され・・・。

    短編集かと思っていたら、連作短編集?長編?でした。
    装丁が・・・。今までの鳥飼作品にないタイプで、ココがこの本の中で一番の驚き。
    というか違和感。
    だって中身は増田准教授の女性版、といった趣きでしたのでね。
    ということは、いつもの楽しい鳥飼作品です。

    個人的には横溝作品の名前が作中で挙げられていたことが嬉しかったり。
    荻野がキモそうなわりに好感がもてたりするという、ギリギリのライン上にいたり。
    真犯人、アンフェアぎりぎりじゃね?と思いつつ、毎章読み返させられたり。
    いろいろ文句つけられそうでありつつ、その辺もひっくるめて楽しめたという。

    一番のお気に入りは「モンペ」。
    好きポイントはいろいろありますが、彼女をあっさり殺しちゃうかぁ!?、と。
    そこの吹っ切れ方がすごく好きだ、鳥飼さん。

全11件中 1 - 10件を表示

妄想女刑事のその他の作品

鳥飼否宇の作品

ツイートする