シシド 完結編 小説・日活撮影所

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103401

作品紹介・あらすじ

映画初主演の1961年から日活ロマンポルノが始まった1971年まで日活の疾風怒涛の時代をエースのジョーが書き下ろした自伝的青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前巻に比べて少し内容が薄いような気がしたが、シシドの映画への愛、特に日活への愛に溢れる内容だ。ただ、やはり筆者じゃなければ知りえないような裏話を期待してたんだが、女関係以外ではあまりなかったのが残念。

  • 2012年11月30日、初、並、帯付
    2013年4月2日、松阪BF

  • こちらが完結編。全盛期から路線変更への11年を一気に駆け抜ける。
    もっと現場の様子を読みたかった。前作の方が読みごたえがあっただけに残念。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

石原裕次郎、小林旭らとともに日活の黄金時代を支えた俳優。「エースのジョー」と呼ばれる。『拳銃は俺のパスポート』『殺しの烙印』など、代表出演作多数。

「2012年 『シシド 小説・日活撮影所』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宍戸錠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×