Mの秘密 東京・京都五一三・六キロの間 (カドカワエンタテインメント)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 170820

  • Mはマッカーサー
    Yは吉田茂。

    戦後の敗戦処理をめぐる推理小説と
    小説を書く作家の周辺で起きる殺人事件という二重構造になっている。

    なぜ犯人が野放しになっていて、最後に捕まるのか。
    なぜ犯人らが書いたものが偽物だということを証明しようとする媒体が現れないのか。

    二つの疑問が残ったままの作品。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

Mの秘密 東京・京都五一三・六キロの間 (カドカワエンタテインメント)を本棚に登録しているひと

ツイートする