夢の時間

著者 : 森田芳光
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年12月14日発売)
2.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103647

作品紹介

僕は不運のあとの光明をゆっくりと探しているんだ-。突然の死から1年、初の書籍化。『家族ゲーム』『失楽園』など数々の話題作で知られる映画監督・森田芳光の、知られざるエッセイ・小説を発掘。生い立ち、女、酒、街、そして盟友・松田優作への思い-。映像の語り部が文章で表現した人生の機微。

夢の時間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 914.6

  • 昨年末に急逝した映画監督のエッセイ集。前半は映画作品の背景などが楽しい。「キッチン」は透明感、精神の浄化になる場所を求め、函館で撮影。そして相応しい女優が川原亜矢子だった!「失楽園」は横浜に拘った。クイズ番組に出てくる芸能人からキャラを感じ取り、キャストを考える!「悲しい色やねん」ではギャンブルと財テクの違いから、その寂しさ、笑えるところを表現したなど映画監督の深層心理が興味深い。後半は短編小説のようなもの。ポルノ小説張りの短編「紫の関係」だが、ユーモアは楽しめた。

全2件中 1 - 2件を表示

森田芳光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢の時間はこんな本です

ツイートする