「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける! (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.60
  • (20)
  • (43)
  • (37)
  • (8)
  • (4)
  • 本棚登録 :514
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103852

作品紹介・あらすじ

四則演算と単位を正しく理解すれば、世界の科学者に質問をし、議論をすることが出来る。3,11以後の失われた科学的信頼を背景に、現代の私たちに必要なサイエンスリテラシーのあり方を説く、逆転発想の科学入門!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学的思考を身につけるための本。

    ま、直接は本書に関係ないのだけど、本当にもう文系/理系というくくりをして、それを文章力や論述力の無いことの言い訳にしたり、ちょっとした数式の出てくる経済学を理解しようとしないとか、テレビの裏の配線のつなぎ方を理解しようとしないことを正当化していく心の習慣を早めに無くしていかないと、この国の社会と経済が本当に瓦解していく思うのですよ。

    もはや、基本的な物理や電磁気、科学、生物学、情報技術の知識の無いエリートが会社経営や、国政策決定をしていくことは不可能だし、逆に法律の知識や、組織マネージメントの能力を持たない研究者は大きな研究チームを作ることが出来ず、研究成果も上げられない世の中だし、別にエリートで無くても、理科的な知識や数学的な理論的思考の習慣が身についていないで、この国で出来る仕事はとても少ないと思うのだ。

    本書が啓蒙している科学的思考とはもはや身につけていたらいいねという習慣では無く、生きていくためには、少なくとも良く生きていくためには身につけていなければならない習慣だろう。

  • 数字のケタの感覚を得る、っつーのは、非常に大事。理科系の学生にまず読んで欲しいね。みんな、一応の実験主義とかは、実習で習っているけど、その数字の意味、解釈のしかたってのは意外に体得していない。ホントはそこが大事なのに。

  • スラスラと読みやすいこともあってか、前半は「ふ〜ん」というかんじだったが、後半は「ほほう...。」と読み応えがあったな、と。
    「職人たれ、学者たれ」は至言。

    はじめに───はだかの私たち
    第1章 科学的人生観のススメ
    第2章 科学的に考えるとは
    ●専門家に話を聞くための「三種の神器」
     ①四則演算ができ、
     ②単位系が揃っているか判別でき、
     ③そして論理的思考ができる。
    ●地球上で利用できるエネルギーは2つ
     ①太陽
     ②地球自身の地熱
    第3章 科学的に行動する
    第4章 科学時代の社会・企業・国家
    ●NASAのすごさは、長期視点に立ったプロジェクトを立案できること
    ─── 長期視点に立って立案でき、トラブルが起こった際の代案を用意している
    ─── 大きなプロジェクトで重要なことは、すぐにプランBを出せるかどうか プロジェクトが大失敗した原因のほとんどは、プランBの欠如
    ─── 巨大プロジェクトは、「うまくいかないこと」を前提に進めるべき
    ●「暇」が科学を進歩させる
    ─── 100人中100人が必死で働かないといけない社会は、ゆとりがなく、非常時に対応が出来ない。平常時にはゆとりを持たせる必要がある。
    おわりに───職人たれ、学者たれ
     ・およそどんな人でも、幸せな瞬間は次の2つ
      1、できなかったことができるようになった瞬間
      2、わからなかったことがわかるようになった瞬間
     ・職人は───自分が今何が出来ないかを知っている人
      学者は───自分が今何を知らないのかを知っている人

  • 科学の役割を考えるにあたって筆者の言う「私たちは、何が役に立つのかを事前に知ることはできません」という言葉は重要と思いました。

    本書では、科学と技術を分けて考えていないように思いました。

    技術は、科学によって得られた法則を上手に組み合わせることで、目的実現のために必要な機能を創出することなので、最後のほうに出てくる政治家による投資先の検討については技術開発に限るべきでしょう。

    科学への投資の方は、役立つか分からないことへの投資なので筆者が言うとおり「(人類の)趣味」への投資で良いと思います。



    そうそう、エネホーダイの話題は、四則演算では納得できませんでした(笑)。

  • 作者の書いた”新書が一番”が好きだったんで、本作も入手。科学のウソの見抜き方がメインかと思ってて、最初のうちはそういう論旨が中心だったけど、後半はもっぱら最新の知見紹介。よく見ると、タイトルには”科学入門”が最初に謳われている訳で、看板に偽りはなしなんだけど、何となくウソの見抜き方の方を期待していただけに、肩透かしでした。それにしても、科学って一言でいっても分野は広大だし、興味の方向も人それぞれだし、新書の厚さで多数の満足度を満たすのは困難、というかほぼ無理ってことは分かりました。

  • 四則計算も怪しい身としては何とも。。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    その中の小さな子供の一人が、「王様は裸だよ!」と叫んだ。ついにみんなが「王様は裸だ」と叫ぶなか王様一行はただただパレードを続けた。

    私の心の中では、「みなが『王様は裸だ』と叫ぶ」で話が終わっていたのです。ところがよくご覧下さい。パレードはそのまま続いているのです。3
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    嘘つきや泥棒が多くなるとどうなるか?カネの価値が下がってモノの価値が上がる、つまりインフレになります。さらに、みんな他の誰かを信用できないとなると、インフレを飛び越え、ハイパーインフレという状態に至ります。26
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    正直に言えば、エネ放題が実現する前に、パケ放題、つまりコミュニケーションし放題の時代が来たというのは、私にとっても驚きでした。過去に書かれたどんなサイエンスフィクションでも、エネ放題の実現の方がコミュニケーションし放題より先だったのです。96
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    科学的な観点からすると原発はとても「筋の悪い」技術だということです。それは、事故を積み重ねていくことができないから。122
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    すべてを自己責任でやらなければならなくなった途端、原発は止まります。131
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    シンクロトンは国を守るために何の役にも立たないと主張する議員に対し、ウィルソンは「この装置は国家防衛には何の関係もありませんが、わが国を守るべき価値のあるものにします」と述べたということです。157
    ――――――――――――――――――――――――――――――

  • 読了。

  • ざっくり言うと、四則計算を使えば科学のウソは見抜ける、と主張する本(なのかな?)。
    STAP細胞の騒動の後にこの本を読んだので、読みながら少しニヤついたりしてしまいます。この本はSTAP細胞の様な「捏造」を予言(預言じゃなく)していたのかと思ったりします。
    最後の方で原発と太陽光発電が出てきてビックリしてしまいましたが。ここで話が出ていた休耕地の太陽光発電パネル設置はどうかと思います。この件は『木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来』を読んだあとなので、特にそう思うのかもしれません。貴重な土地の上に太陽光パネルを載せるのはどうですかね。土地に日が当たらないように太陽光パネルを置く状況は土地にとって幸せなのかな?

  • このタイトルを真に受ける人はいないとおもうが、別に科学の入門書ではない。むしろ科学の応用にあたってと、科学的思考の重要性を説いている。さらに、後半では自らが解説した科学的思考法に基づいて、原発や貧困問題への提案を主張する。前半の能書きは、後半の主張のための伏線に過ぎなかったのかもしれないが、著者お得意のわかりやすい論理と卑近な比喩に満ちた内容だった。

全56件中 1 - 10件を表示

「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける! (角川oneテーマ21)のその他の作品

小飼弾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける! (角川oneテーマ21)はこんな本です

「中卒」でもわかる科学入門 "+-×÷"で科学のウソは見抜ける! (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする