7大企業を動かす宗教哲学 名経営者、戦略の源 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.88
  • (0)
  • (8)
  • (11)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 117
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103869

作品紹介・あらすじ

企業を動かす組織戦略の根源がわかる!日本を代表する大企業を宗教教団と同じ角度から分析すると、知られざる経営哲学が浮かび上がった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱりこの人の本は安定感があるなあ

  • 本当につまらなかった

  • 新たな視点を得られる指摘も多く興味深かった。
    柳井正の方針と団塊の世代の経験の関連(P256)などである。

  • 経営哲学や理念は共同体を動かす基本原理

  • 20140506。読み切れず。もう一度借りる。

  • かなりタイトルに偽りがあるような・・。

    期待している「宗教」と企業の絡みが、ほとんど無いケースが多数。
    豊田佐吉と日蓮宗のつながり、そこから産業を拡大させて国家
    復興といった思想、程度しかインパクトある話がない。

    有名企業のヒストリーガイド的な内容。

  • 宗教との関係をあぶり出しながら日本の著名大企業の経営史を語っている本である。宗教学という視点というよりも日本起業経営史的視点で分析された本。

    非常に詠みやすく平易な内容であるため、宗教学に興味がある人よりも経営学の入門者におススメである。

  • 楽しかったです。ためになりました。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

島田裕巳(しまだ・ひろみ):1953年東京生まれ。宗教学者、作家。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任し、現在は東京女子大学非常勤講師。現代における日本、世界の宗教現象を幅広くテーマとし、盛んに著述活動を行っている。 著書に、『日本人の神道』『神も仏も大好きな日本人』『京都がなぜいちばんなのか』(ちくま新書)『戦後日本の宗教史――天皇制・祖先崇拝・新宗教』(筑摩選書)『神社崩壊』(新潮新書)『宗教にはなぜ金が集まるのか』(祥伝社新書)『教養としての世界宗教史』(宝島社)『新宗教 戦後政争史』(朝日新書)等多数あり。

「2023年 『大還暦 人生に年齢の「壁」はない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田裕巳の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×