その冥がりに、華の咲く 陰陽師・安倍晴明

著者 :
制作 : あさぎ 桜 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.89
  • (18)
  • (28)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 239
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103890

作品紹介・あらすじ

人間と化生のあいだに生まれた安倍晴明。大内裏では半人半妖の噂と類い希な力から、貴族たちに恐れられていた。神々の末席である十二神将を式神に下した晴明だったが、神将たちを奪って名をあげようとする陰陽師たちから襲撃を受ける日々。押しかけ親友の榎〓(りゅう)斎とともにいるところを、妖を操る男に襲われて-!?新説・安倍晴明伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安倍晴明のお話2冊目。
    少年陰陽師を読んでいる人からの勧めで読み始めたので、十二神将への思い入れに多少の温度差がありますが、本編が気になってしまうくらいには気に入っています。
    3冊目も借りたので、読もうと思います。

  • 十二神将を従えたが晴明の内なる闇と相反するため消耗していく。
    助けたはずの若菜だが晴明と接点を持ったことによりより強い呪縛に囚われる。
    晴明の奥底を感じた十二神将が晴明を主と認める話

  • 表紙が綺麗。展開にハラハラしながら読了。

  • 晴明、わかいなぁー。十二神将との信頼関係も、あんなジイ様になるのも、この時代あってこそと思える。晴明と若菜の続きも読みたいけど、孫の方もそろそろ次巻出して欲しいなぁー。

  • 若菜も囚われた姫だったのか~
    祖父も孫もおんなじような悩みを持ってたのね
    てか神将とはまだ心が通じあってなかったことがあったのね
    意外じゃ
    孫もハッピーエンドにならないかなぁ~なってほしいなー

  • 太陰と玄武はこの時からワンセットだったのなー…と。紅蓮と勾陳もそれなりな感じで。
    結城さんの書く若晴明さまと孫可愛いじいちゃま晴明さまのギャップが凄まじいと思う。これが重ねた月日の違いかと。どっちの晴明さまも好きです!

  • 清明も神将たちも魅力的でない。つなぎの話?

  • 【図書館本】若じい様話第2弾。玄武と太陰がとっても可愛かった。ほだされた。朱雀さんも相変わらずで大変喜ばしい。もっくんもとい紅蓮さんは名前だけで寂しい……。
    十二神将とじい様の関係、そしてじい様自身が『少陰』とはかけ離れているので、ハラハラしながらの一気読み。ここまで来たら晴明馬鹿になるきっかけとか気になる。でも今回は色々謎を残したままなのでなかなかの消化不良。読後感よろしくないのが残念。ラストの若菜さんGJとか思ったけど。2人のほのかな恋愛にも、これからの展開と同じく楽しみ。

  • じいさまの変化がちょっとずつ見れてたのしい。
    途中で止まっている孫の方も読みたいな。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

その冥がりに、華の咲く 陰陽師・安倍晴明のその他の作品

結城光流の作品

その冥がりに、華の咲く 陰陽師・安倍晴明を本棚に登録しているひと

ツイートする