覇権通貨 小説人民元

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103968

作品紹介・あらすじ

日本産業銀行(産銀)に勤務する江草雅一は、北京支店への赴任を命じられた。「日中が協力すれば世界最強」が信念の江草に任されたのは、民営化が予定されている国策銀行、中国改革銀行への出資交渉だった。一方で、中国政府系ファンドが産銀株買い占めに動いており、産銀上層部は情報収集に追われる。やがて、「人民元」の国際化を目論む中国当局が、高まる反日感情を背景に進めていた極秘プロジェクト、進出した日系企業を中国政府が国有化するという衝撃の「マルコ・ポーロ計画」が発表される…。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国ビジネスのプロが描く経済小説第二弾。今回は人民元の国際化がテーマとなっており、読み物としても専門書としても楽しめました。惜しむべきは、ストーリーの進め方がワンパターンになってしまったことでしょうか。

  • 産銀勤務の江草は北京支店へ赴任。その頃、人民元の国際化を目論む中国当局が、極秘プロジェクトマルコ・ポーロ計画を発表し・・・
    金融関係の知識が無いと、ちょっと読みにくい。
    中国とはうまく付き合っていきたいけれど、この調子だと相当しんどいね。

  • 2013/3/30 作者の中国への理解は半端ない。この銀行マンはやっぱりすごい?

全4件中 1 - 4件を表示

覇権通貨 小説人民元のその他の作品

深井律夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする