医者が考える「見事」な老い方 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041103999

作品紹介・あらすじ

老いや病気を寄せつけない体と心を整える。聖路加国際病院、心の専門医が教える、晩年を楽しく生きた人達の共通点とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一度きりの人生だからやっぱり自分が納得できるように楽しまなくちゃね。楽しむためのヒントが書かれてるので、老後また参考にできそう。

  • 保坂隆 著「医者が考える見事な老い方」、2013.2発行です。目にとまったのは次の3点です。①やりたいこと、面白そうなことを一冊のノートに書いていく。その場ですぐメモしたり、切り取ったり。即、採用、作りましたw。②聞き上手、5つのリアクション:相槌、顔を見る、復唱、共感を伝える、喜びを伝える。とてもいいことだと思います。努力しますw。③足るを知る生き方:起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半。天下取っても二合半は知らなかったですw。これを合わせると語呂がいいですね(^-^)

  • 文字通り、上手の年のとり方を指南する一冊。

    五体満足の健康でいられることを前提としてるので、そうであれば選択肢が色々あるのだろうけど、そうでない場合は……と色々考えてしまった。

  • 定年はまだ先だけど、老後はどうするか、どうなるか、ちょっと心の準備ができたかな。
    元気に、楽しく、過ごすためのヒントが書いてある。
    それは決して老後のことだけでなく、今の生活を見直すきっかけになるかも。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1952年山梨県生まれ。保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。
聖路加国際病院 診療教育アドバイザー。
慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科入局。1990年より2年間、米国カリフォルニア大学へ留学。東海大学医学部教授を経て、聖路加国際病院リエゾンセンター長、精神腫瘍科部長、聖路加国際大学臨床教授を歴任。
がん患者とその家族のメンタルケアを専門とするサイコオンコロジー(精神腫瘍学)の日本での第一人者。クリニックでは薬物療法のほか、個人カウンセリング、家族・グループ療法、イメージ療法、マインドフルネス瞑想などの治療法に積極的に取り組んでいる。

「2019年 『がん患者さんのためのマインドフルネス瞑想法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

保坂隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×