ノックス・マシン

著者 :
制作 : 遠藤 拓人 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.89
  • (26)
  • (78)
  • (156)
  • (102)
  • (36)
本棚登録 : 944
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 推理小説に詳しいおたくに近い人にはおもしろいだろうなあ。

  • SFミステリー

  • SFなんだ。というのが正直な感想。
    SF苦手なので難しい理論はすべて流して読んでしまいました。
    引き立て役倶楽部は結構面白かった。
    ヴァンダインってそんなにやな奴だったけ?

  • +++
    上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる…。発表直後からSF&ミステリ界で絶賛された表題作「ノックス・マシン」、空前絶後の脱獄小説「バベルの牢獄」を含む、珠玉の中篇集。
    +++

    <ノックスの十戒>を題材にした近未来の物語である。紙の本はほぼ滅び、電子書籍に取って代わられ、さらにオートポエティクスという、自動物語生成システムなどというものが構築されている時代である。ロシアではタイムマシンの研究に失敗し続けていた。過去に向かった段階でパラドックスが生まれ、別の時空に行き着くので、始発点である現在に戻ってくることはできないという。そんな折、ノックスの十戒の五番目、「探偵小説には、中国人を登場させてはならない。」という一文に着目し、<NO CHINAMAN>がキーパーソンとなるのではないかと思いついた人物がいた。物理学的な法則の描写などは理解しがたく、読み飛ばしたくもなったが、不思議なタイムトラベルには興味津々である。ミステリマニアが描くSFと言った印象の一冊である。

  • このミス1位だが、翻訳本を読んでいるようで、海外ミステリーの知識がないとわからない内容だった。

  • ノックスの10戒のひとつ、中国人を探偵小説に登場させるな。をモチーフにしたSFミステリ短編集。人類史上初めてタイムトラベル後に元の世界に戻ってきたチンルウ=No Chinamanが、サイバー図書館テロに立ち向かう。ディテールの描写は難しすぎてついていけない :(

  • 上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、イギリスの作家ロナルド・ノックスが発表した探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。科学技術局に出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる……。

    小説が自動生成できるようになった時代で、古臭い小説の研究してる学生さんが、なぜノックスは十戒に「中国人は登場させてはならない」なんてルールを足したのかちょっとタイムマシンに乗って調べてきてよっていう話。
    正直量子力学とか相対性理論とか数学的な話とかはほとんど読み飛ばしてしまったのだけど、発想が面白いしちゃんと着地しているのがいい。
    ノックス、クリスティ、エラリー、タイムマシン、数理文学などなどの単語が引っかかるひとは楽しく読めるだろう。
    他に、表題の続編にあたる「論理蒸発 ノックスマシン2」、有名な探偵や刑事たちの相棒たちの会談を描いたメタな「引き立て役倶楽部の陰謀」、精神分離器にかけられた主人公がそこから脱出するための手立てを思考する「バベルの牢獄」が収録されている。

  • アインシュタインやホーキンス辺りの理論がチンプンカンプンで、探偵小説も前には読んだはずだけどすっかり忘れていてこちらもあやふやで、そういうことで多分物語の面白さが激減しているのでは?と思われるが、それでもあんまり面白くなかった。でもこれって、ミステリーなの?

  • 海外推理小説はほとんど知らないので、知っていれば面白がれる部分が随所にちりばめられているのだろうな~と思いながら、自分レベルではただページをめくる作業となってしまいました。とはいえ冒頭の表題作ノックス・マシンはSF風なギミックが上手く填まって面白かった。

  • 私の評価基準
    ☆☆☆☆☆ 最高 すごくおもしろい ぜひおすすめ 保存版
    ☆☆☆☆ すごくおもしろい おすすめ 再読するかも
    ☆☆☆ おもしろい 気が向いたらどうぞ
    ☆☆ 普通 時間があれば
    ☆ つまらない もしくは趣味が合わない

    2014.5.17読了

    あとがきにもあるように、本格ミステリーをネタにした中短編SF集。
    面白いかと問われると返答に困るようなところがあるが、作者の膨大な知識と、かなり優秀な頭脳が窺える秀作ぞろいである。
    文章といい、作品の破綻の無さといい、完成度は高いのだけれど、それが直接、面白さとはつながらないのが小説というものだろう。

    SFとは、実際にきちんと定義されているのだろうが、私の理解では、現行の科学技術についての知識を拡張した世界を舞台にした物語で、それを逸脱しすぎるとファンタジーその他の物語になると思っているのだけれど、昨今では現在の科学技術への理解がついて行けなくて(一応、科学技術畑ではあるのですが)、作者がせっかくSFらしいオチというか展開を考えてくれても、よくわからなくて、ファンタジーになるか眠くなるかのどちらかになってしまう。
    ただし、その辺を上手に作って読ませる、例え短編でも的確な記述と構成で、その世界を創りあげてしまうのが、本当に面白いSF作品というものだろう、星新一作品のように。

    でも、この本を読んで、改めてミステリーの古典が読めていないことを反省。今から、読むことにします。そんな意味もあって、このミス1位なのかな。

全179件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1988年10月、『密閉教室』でデビュー。

「2017年 『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノックス・マシンのその他の作品

法月綸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする