隣之怪 第五夜 主人の帰り

著者 :
  • 角川書店
3.31
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104781

作品紹介・あらすじ

主人が突然亡くなった。ある日、夢枕に主人が現れ、私はお帰りなさいと呟いた。その3か月後、お客さんが持ってきたノルウェーのミュージシャンのCD。そこに写っていたものは…!? 18話の実話を紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無難に面白い。
    寿司屋のダンナが亡くなったのって、
    毎日16時に訪れていたという、
    おじいちゃんに連れて行かれたってこと?
    そう考えると、別の意味で怖い。

  • ぞぞーっとします。。

  • ■ 13113.
    <読破期間>
    2013/9/16~2013/9/18

  • 午前一時の女。鞄の持ち手。
    個人的にゎ、怖い話が多かったT^T
    人の思いの怖さというか…
    世の中にゎ、関わってゎぃけなぃものがぁるのだ。と痛感しました^^;
    …ただ、帽子の男ゎ読み終わった後にほんわかしました♥︎

  • 『隣之怪』シリーズ最新刊。
    『烏の言葉』『三軒の怪』『鞄の持ち手』が印象に残っている。特に『鞄の持ち手』で、突然、『彼』の存在感が無くなるところがなかなか怖い。
    副題にもなっている『主人の帰り』は、どっちかというと『良い話』系の怪談。『九十九怪談』シリーズもそうだけど、こういうちょっと『良い話』系の怪談、ちょくちょく見かけるようになったな。『新耳袋』の頃はあまり見かけなかったように思うのだが……。

全5件中 1 - 5件を表示

隣之怪 第五夜 主人の帰りのその他の作品

木原浩勝の作品

隣之怪 第五夜 主人の帰りはこんな本です

ツイートする