妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻

著者 :
  • 角川書店
3.77
  • (16)
  • (17)
  • (14)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 177
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史の波に翻弄され埋もれた、壮大な物語

    右にも左にも傾かないルポが素晴らしい

    中盤の中国~満州の部分は、本題と逸れるものの、
    知らない部分も多く、理解の助けになった

  • 「8月15日(玉音放送の後)の特攻隊員」(吉田紗知著)に続き、「妻と飛んだ特攻兵」(豊田正義著・2013.6発行)を読みました。こちらは、8月19日の満州におけるロシア戦車隊への特攻です。ノンフィクション作家の取材と執筆、2年半の作品です。関東軍を怖れたルーズベルトがヤルタでスターリンに参戦して欲しいと熱望したとか・・・。スターリンは参戦の見返りを要求しルーズベルトは承諾したとか・・・。関東軍は居留民を見棄て、ソ連兵は略奪・強姦、そのあとは中国人が身ぐるみ全部を奪ったと。前代未聞の特攻に「涙」です。

  • 涙が溢れた。神州不滅特攻隊。語り継がねばならない歴史。

  • 目を疑うタイトル。事実だということの衝撃。世に出ていない歴史を掘り起こした筆者に敬服。終戦70年あまり経ち、語られていないエピソードがまだまだあるであろうこと、今後ますます語られることがなくなるであろうことを思った。

  • 昭和20年8月19日、戦争は終結しているのに、特攻をしたと?満州で?妻も乗せて?小説ではなく、ノンフィクションとしてこんな事実があったとは。

著者プロフィール

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。戦争、犯罪事件から芸能まで取材対象は幅広く、児童書の執筆も手がけている。『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』(講談社)は、厚生労働省社会保障審議会の推薦により「児童福祉文化財」に指定される。著書に『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)、『消された一家』(新潮文庫)他多数。

「2018年 『ベニヤ舟の特攻兵 8・6広島、陸軍秘密部隊レの救援作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊田正義の作品

ツイートする