WBC 侍ジャパンの死角

著者 :
  • 角川書店
3.80
  • (5)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104842

作品紹介・あらすじ

メジャーリーガー抜きで結成された侍ジャパンは、緻密な野球を武器に準決勝までコマを進めた。しかしそこに待っていたのは、意外な落とし穴だった! 名参謀が明かす侍ジャパンの真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昨年の夏に読んだものを再読了.
    個人的に,2013年の野球本の中で第二位に入る傑作だと思う.

    第三回 World Baseball Classic のメンバー招集から帰国の途につくまでの高代氏の回願録.
    これでもかという程の準備と根拠に裏付けられて野球は動いているのか!と驚愕せざるを得ない内容の濃さは野球好きにたまらない.
    野球というものは筋書きのないドラマであるが,しかし,かならず伏線は存在するのである.
    2014年1月という時間軸からこの本を読み返すと,マウンド上で顔面蒼白になる田中将大や,前田健太の投球術に翻弄されるオランダ代表ウラディミール・バレンティンの姿がある.誰も,彼らが24勝0敗の数字を残す神となり,捕手が中腰になるほどの高めの直球をスタンドに持ってゆくほどの新たな伝説となることは想像できなかっただろう.野球界というものは,半年でこんなにも変わるものなのかということにも驚く.

    この本の中でやっぱり印象に残るのは,井端弘和,そして鳥谷敬というふたりの職人の姿だ.
    侍ジャパンに集った内野陣は,みな井端に尊敬の念を抱いていた.井端を「真似ぶ」ように守備の上達してゆく本多雄一や坂本勇人がどのような表情をしていたのか,ということには想像力が刺激される.
    鳥谷については,2次ラウンド台湾戦での「伝説のスチール」の裏にある数々のエピソードにも唸らされるが,サンフランシスコでも早朝のウエイトトレーニングを欠かさなかったという話もまた印象深い.高代とは広島時代に縁のあった金本知憲が,「阪神で見込みがあるのは鳥谷と赤星だけですわ」と高代に語ったという記述があるが,果たして2014年に阪神の内野守備走塁コーチに就任した高代はどのようにチームを変えてゆくのだろう,ということにも注目したい.

    ところどころに書かれる「NPB と WBC のゴタゴタ」もまた,内実を知らないと描けないというところまで言及されていて興味深い.これらの記述を「反省」と捉えて新しい一歩を踏み出せるのか.優勝という結果をのこして「めでたしめでたし」とならなかったからこそ,日本の野球界のポテンシャルが問われているのだなぁと改めて思う.

  • 正論の恨み節。

  • 2013.9.17読了。

  • あの激闘の裏側を少しのぞける。当事者の言い分であることを差し引いても、NPB上層部の不甲斐なさで現場にしわ寄せがいっていたことは間違いないだろう。ところどころ書かれている提言は、提言というより悲痛な叫びに聞こえた。

全4件中 1 - 4件を表示

WBC 侍ジャパンの死角のその他の作品

高代延博の作品

ツイートする