Another エピソード S

著者 :
  • 角川書店
3.40
  • (62)
  • (168)
  • (316)
  • (44)
  • (4)
本棚登録 : 1618
感想 : 226
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041104989

作品紹介・あらすじ

「聞かせてあげようか、あなたの知らなかった、この夏のお話」少女は語り始めた。一人で過ごした海辺の町、そこで出会った幽霊との、不思議な探索行−−。名作ホラー、誰もが待ち望んだ続編がついに登場!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「Another」の"見崎鳴"が夏休みに別荘に行った時の出来事をストーリーにした一冊。「Another 2001」にも繋がるとの事で読みました。

    終盤の鳴の左目は霊は見えないとの榊原の指摘で、なるほど!と思ったのと同時にそれを意識していた読者は早くからストーリーが読めた展開だったように感じました。自分はスッカリ飛んでいて騙されました。

    災厄を止めるヒントは特に見付からず、"比良塚想"との出会いを語っただけのように感じました。しかし、読者を引きつけて一気に読みたくなる文章は綾辻行人!大どんでん返しもさすが!とても楽しめました。

    榊原が想と賢木の人格の入れ替わりを解説していた部分はいらないかな…鳴が想に対して名前を呼ばずに賢木として接していたのも少し無理があるような気がしました。

    「Another 2001」を続いて読む予定なので、繋がりと結末が楽しみです!

  • 『Another』サイドストーリー。
    あの夏、鳴が過ごした避暑地でのできごと。

    本編よりもホラー色控えめでミステリ色多め。
    本編ではあまりに人死にが多くそこが辛かったので、こちらのほうが読みやすかった。
    謎解きの部分はファンタジーとホラーの風味がプラスされているけれど、それでもやっぱり綾辻さんらしいミステリであると思う。

    バレ処理しているので書くけれど、本作も叙述になる(と思う)。
    叙述ミステリにおける違和感の作り方とそらし方ってとても大事で、下手な人だと違和感を覚えた瞬間にネタが割れる。そうなると、そらそうとしているところまでも見え見えのスケスケになって、もう目も当てられない。
    巧い人だと、そもそも違和感を気付かせないか、気付いても話に引き込まれて違和感のことなんて忘れてしまう。そらされることを意識しないままそらされる。

    個人的に、綾辻さんは叙述巧者だと思う。
    ところが、この方の作品では仕掛けが見えてしまうことも多々ある。
    本作も仕掛けが見える。
    のに、楽しめてしまうのはなんとしたことか。
    なんだかんだ理屈をつけようとしてみても、結局のところ、うまい(好き)な方の文章は仕掛けが見えても楽しめるものなのか。

    次代の『Another』に続きそうなラストにドキドキ。
    根本的解決にたどり着けなかった本編の結末が、死者の数に見合わないんじゃないかと思ったけれど、そして惨劇度が高いと辛いのだけれど……続編が出ればやっぱり読むんだろうなぁ。

  • Anotherの続編。筆者はスピンオフ的なものとして書いた、と後書きにあった。

    Anotherの夏休みの間、鳴が1週間別荘に行っていた間に起きた色々。
    よく見れば「上目遣いに」などヒントはあったけど、これも見事に騙されてしまった。でもこれは難しすぎる〜

    続編でも何か起きそうな予感のする書き方、終わり方なのでAnother2001を読んでみたい。

  • 眼帯、義眼、包帯、この世ならざるものを見る眼…中2要素盛り盛り。発行時期的に、エヴァとかFF7とか、ダウナー系がカッコ良い時代…。クールビューティーな鳴ちゃんが綾波レイにしか見えない。
    …のはさておき、ミステリーとしては死者によるホワイダニット形式で面白い。
    ラストは更なる悲劇をほんのり匂わせ閉幕。

  • Anotherのスピンオフ。

    見崎鳴ちゃんをグッと身近に感じる。幽霊目線の本って面白い発想。

    Anotherの半分もないくらいなので、気負わず軽く読める分、少し物足りない感も。
    次は2001。

  • あとがきで 綾辻先生が

    -『Another』は単発の長編のつもりでいたが、15歳のミサキメイをもう少し書いておきたいな、と考えがかわった。そこで、夏休み前の例のクラス合宿を前に、鳴が家族で海辺の別荘へ行った「空白の1週間余り」で起きた ある事件…というお話を作った。-
    と書いていた。

    今回は 鳴ちゃんと 別荘で出会った「幽霊さん」が、「幽霊さん」の消えた遺体を探すお話

    Anotherのようなハラハラ感は無かったけれど、最後はやっぱり「えっ!?」となったし、ちゃんと夜見北中の例の〈厄災〉とも結びついて、しかもそこには淡い初恋なんかもあったりして…。

    鳴ちゃんの魅力満載の1冊だった


  • anotherの見崎鳴視点のスピンオフ。
    3ヵ月前に謎の死を遂げた賢木晃也。
    その幽霊との死体探しという内容の物語。
    失われた記憶の中、巡る様々な出来事。残った想い。
    そして真相へと。
    賢木晃也の終盤の真相は結構ビックリ。
    前作の主人公榊原との真相への考察も物語を客観視してて面白かった。
    前作よりはライトに読めた作品でした。
    引き続き2001も読んでみます。

  • 虚ろなる蒼き瞳を持つ見崎鳴
    人形の目を持つゆえ「死の色」がみえる

    エピソードSは、見崎鳴の本編の夏休みの一週間夜見山を離れて海の別荘で
    起こったお話……番外編ですね。

    もう一人の「サカキ」賢木晃也…彼はかつて鳴と同じ夜見山北中学の三年三組で
    〈現象〉を経験した事がある青年
    2年前に知り合った賢木晃也は亡くなっていて彼の幽霊と出会った鳴
    記憶を失くした幽霊の彼…消えた自分の死体を探す幽霊の手伝いを始めるが……。

    数年前に読んだアナザー本編が、とても読みやすく面白かった記憶があり
    詳細に覚えていない為、
    この本を読む為に再読
    再読してもやはり楽しめました

    なので期待満々で読み始めましたが、文章に勢いがなく、記憶喪失の幽霊のナゼナゼと思うシーンが
    長々と綴られていて、途中からもどかしく感じられ……残念
    期待していた分ハラハラ、ドキドキ感がないのも物足りない
    でも、幽霊の正体には驚かされました

    最後の内容からすると、アナザーの続編が書かれるのかな?
    その為のこの本なのかな
    と思われました。

  • 2023年1つ目。
    大ヒット作Anotherの番外編。死んだ筈の幽霊に自分の死体探しを頼まれるメランコリックな雰囲気から、綾辻さんらしいアンフェアギリギリのどんでん返しが炸裂します。
    いわゆる夜見山現象の話ではないので、パニックホラー的な盛り上がりはやや薄いです。

  • 聞かせてあげよーあなたの知らなかった、この夏のお話を、、、、、


    はい!聞かせてください!と、まぁ〜気軽に読んだのが間違いだった、、、(´Д` )
    さすが綾辻作品!!ラストのサプライズでびっくりさせてきますね〜笑笑
    つい、まじかよ!、、と叫んでもた(O_O)怖い、怖い

    前置きはここまでにして置いて、よいしょと!

    あらすじはと言うと、
    見崎鳴さんの夏休みに家族と行った別荘での出来事を
    榊原くんに、お話してあげるストーリーになっております以上です!笑笑!あんまり言うとネタバレしそうになるから言いません!
    自分はAnotherを見ていたのでやべー絶対っっ!
    不気味な怖いヤツくるやんと思っていました。
    が!案外ゆるふわ的な感じで怖さはそれほど感じませんでした!、、、、、、

    が!!!

    皆さんこれは綾辻作品ですよ!!
    後半から一気に!来ます!!マジで来ます!
    シートベルトの着用をお願いします。笑笑
    そして!ここが、重要です!
    このストーリーの最後の〆方がたまらん!!Another2001に向けての最高のスルーパスっっ!
    Another2001を見ずに死ねるかぁ!
    ソッコーで読むわっっ!!
    終わりよければ全てヨシ!とはこの事ですな!

    ちなみに解説のページで朝霧カフカさんが
    これから綾辻作品を読まれる方々に対して言っておりました一文を紹介します。

    (あの驚き、すべての前提がひっくり返される「ええええ!?」とのけぞるあの感じ、騙されて本望! と天井を向くほどの衝撃を、これから味わう権利を持っているのです。  なんたる幸せ。  代われ。)と、、、

    代わらん!!自分!幸せ者ですっっ!!(≧∇≦)(≧∇≦)
    ヨシ!Another2001見るぞー!

全226件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年京都市生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院博士後期課程修了。87年、大学院在学中に『十角館の殺人』でデビュー、新本格ミステリ・ムーヴメントの契機となる。92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2009年発表の『Another』は本格ミステリとホラーを融合した傑作として絶賛を浴び、TVアニメーション、実写映画のW映像化も好評を博した。他に『Another エピソードS』『霧越邸殺人事件』『深泥丘奇談』など著書多数。18年度、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2023年 『Another 2001(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×