私がマッキンゼーを辞めた理由 ―自分の人生を切り拓く決断力―

著者 :
  • 角川書店
3.79
  • (10)
  • (26)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 163
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041105009

作品紹介・あらすじ

東大卒、マッキンゼー社員からお笑い芸人に転身―一度きりの人生、他人に流されるのはやめよう。「即断、即決、即行動」でシンプルに選択した女性の生き方とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【No.66】「キャラを立たせること。特徴を際立たせること。自分がやりたいのはこういうのだ!というスタンスを大切にすること」「不確定な未来に対して、むやみにネガティブに構える根拠はない。ならばポジティブに理想とする未来を先に想定して、そこにたどり着くにはどうしたらいいか逆算して、前向きにできることをやっていくべき」「今動かなければ二度とチャンスはない。Now or Never」「何もしなくても日々は穏やかに過ぎていく。でも自分から行動することで、何もない日が一生忘れられない特別な日になって、ものすごく嬉しい出来事に遭遇したり、人生を変えたりすることもある」「この先いい意味で何があるかわからない。やればやるだけ、ゆっくりだけれども、じりじりと限界を押し広げていくことができる。絶対にムリだと思っていたものも形になっていく」

  • ・即決/即断/即実行
    ・決断に正解も不正解もない。決断にはそれを正解にしていく覚悟も含まれる。
    ・「スタンスを取る」。主張をはっきりさせることで議論が加速する。

  • 予想外。
    マッキンゼーの元、現コンサルタントの著作は経営戦略ジャンルとしてよく読むが、予想外に戦略と無関係だし、読み物としては予想外に面白かった

  • 日記かな。

  • 即断、即決、即行動
    検証したけど、仮説がズレていた。修正する。

    東大、東大院、マッキンゼーとエリート街道まっしぐら?!の過去を持つ著者がお笑いへ進んだ理由と、マッキンゼーで学んだ黄金律。

    他人と比べずに自分の価値観を認識しながら、自分だけの人生を作りあげたいものだ!

  • マッキンゼーからお笑い芸人へ。職業選択の判断基準にあたっての考え方が大変興味深い。

  • マッキンゼー時代のエピソードが豊富で面白い。
    印象に残ったページは「仕事を続ける3つの条件」という箇所。
    1好きかどうか
    2人より得意か
    3その先に目標があるか

  • 仕事を続ける3つの条件が面白かった。自分に当てはめてドキッとしてみたり・・・
    時系列がバラバラだったのが若干分かりにくかったが、おおむね語り口は読みやすい。作者の体験がベースなので突飛な論理の飛躍もなく、納得して読み進められた。

  • 進路に悩んでいる人、働き方に悩んでいる人、何かの決断に迷っている人に、この本をイチオシでお薦めします!

    石井さんのすごいところは、死んでしまいたいほどに落ち込み悩む一方で、冷静に自分を見つめ、考えを整理する目を持っていることです。

    後半、著者の励ましの言葉が迫力あります。
    自分と同じように悩んでいる人にメッセージを届けたいという強い思いに圧倒されます。
    ところどころにキラリと光る名言があります。

    そして、マッキンゼーのハードな働き方も詳しく知ることができ、興味深かったです。

  • 150206読了

全27件中 1 - 10件を表示

私がマッキンゼーを辞めた理由 ―自分の人生を切り拓く決断力―のその他の作品

石井てる美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

私がマッキンゼーを辞めた理由 ―自分の人生を切り拓く決断力―を本棚に登録しているひと

ツイートする