マツリカ・マハリタ (単行本)

著者 :
  • 角川書店
3.54
  • (12)
  • (53)
  • (40)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :266
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041105337

作品紹介・あらすじ

孤独な学園生活を送っている高校2年生の柴山祐希。ある日「一年生のりかこさん」の怪談話をクラスメイトから聞く。謎を解決するため、学校近くの廃墟ビルに住む謎の美少女・マツリカさんの下を訪れるが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポチくん完全にモテ期じゃん。
    前巻にも増して面白くフトモモフェチもレベルアップしている。マツリカさんの謎も(まだ少し残っているけど)解き明かされ、次巻では写真部の面々との出来事が中心になるのかな?

  • マツリカ・マジョルカ続編。
    謎の女子高生(?)マツリカさんの正体がついに明らかにっ!?

    柴山くんの優柔不断と気弱さに拍車がかかったような今作。
    正直読んでてイライラしたりも。
    でも、確かにホンの僅かずつだけど成長してたんだね。
    最終話のおわかれソリチュードで安心したしよかったわ~

    相沢沙呼はもっと評価されていもいい作家。
    次作品にも大いに期待!

  • 2018/1/7

  • 【あらすじ】
    柴山祐希、高校二年生。彼には、人に言えない秘密がある。実は、学校の近くにある廃墟ビルに住み、望遠鏡で学校を観察している美少女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調べていた。新学期を迎え、なかなかクラスになじめない柴山の下に、『一年生のりかこさん』の怪談話が舞い込んでくる。一年生の時に自殺をした彼女は、学校に未練を残していて、ときどき霊になって現れるらしい。その真実を突き止めるため、捜査を開始した柴山だったが、調べていくうちに…!?平凡な男子高校生と、廃墟に住む謎の変人美少女が織り成す、妄想と青春の学園ミステリ!!

    【感想】

  • 謎の美少女マツリカと冴えない高校生の柴山の連作短編ミステリー。続編。

    高校2年になった柴山、自分に価値が見出せず、いつも一人だった彼に写真部の友人たちができ、少しずつ学校に馴染んでいく。
    前作より安楽椅子探偵役であるマツリカの出番が減って、柴山の学園生活中心に書かれている。
    マツリカの謎はまだ明かされず、続編がありそうだ。
    (図書館)

  • 前作を読んでから大分経ってしまったので、どんな話だっか忘れてしまい、マツリカさんってこんなに女王様だったかなと驚きながら読みました。最後は私も柴山くん同様に騙されました…。マツリカさんはやっぱりマツリカさんだったけれど、どこの誰かは謎に包まれたまま。それにしても、エロい描写が多くてドキドキしました。

  • (収録作品)落英インフェリア/心霊ディテクティブ/墜落インビジブル/おわかれソリチュード

  • 柴山祐希、高校二年生。
    彼には、人に言えない秘密がある。
    実は、学校の近くにある廃墟ビルに住み、望遠鏡で学校を観察している美少女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調べていた。
    新学期を迎え、なかなかクラスになじめない柴山の下に、『一年生のりかこさん』の怪談話が舞い込んでくる。
    一年生の時に自殺をした彼女は、学校に未練を残していて、ときどき霊になって現れるらしい。
    その真実を突き止めるため、捜査を開始した柴山だったが、調べていくうちに…!?
    (アマゾンより引用)

    面白かった~
    マツリカさんの正体も分かったし(o`∀´o)
    スラスラ読んじゃった(o`∀´o)
    満足

  • 謎の美少女マツリカさんと柴犬の学園生活の謎解き、続編。今作では最初からある幽霊話しとマツリカさんの正体もわかり…?時々主人公の内向的思考にいらいらした時もあるけど、写真部のみんなも良くて続編があってもいいなあ〜

  • マツリカさんは前作でもチラチラとエロいポーズを見せていたが、今作ではエロさをまったく隠していない。むしろ積極的にアピールしている場面もあるくらい。……ただ、そのエロさがニアラノベ・ミステリの流行スタイルから外れる原因のような気もするのだよなあ。

全47件中 1 - 10件を表示

相沢沙呼の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

マツリカ・マハリタ (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする