水木しげるの不思議草子 (怪BOOKS)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041105528

作品紹介・あらすじ

室町・江戸時代の大ベストセラー『御伽草子』が天才・水木しげるの画で新たな息を吹きこまれ、いま甦る! おなじみ、ねずみ男も登場。妖怪画の第一人者が生き生きと描くウィットに富んだマンガ全6編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ねこがかわいくて読んだが、
    昔のお話はとてもユーモラスだと思った

  • 水木センセイによるお伽草紙の漫画化。
    むかし絵本で読んでいた話も多かったけど、水木センセイのユーモアがたくさんちりばめられた話に仕上がっていておもしろかった。
    ねずみ男は物語の案内役(?)にもなっていて忙しい存在だ。

  • 水木サンによる御伽草子の漫画版。
    ただ単に漫画化したわけではなく、水木しげる一流のユーモアが散りばめられていて大変に楽しめます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1922年(大正11年)生まれ、鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、ラバウル戦線で左腕を失う。復員後、紙芝居画家を経て貸本漫画を描き始め、1957年『ロケットマン』でデビュー。以後、戦記もの、妖怪ものなど数多くの作品を発表。1965年『テレビくん』で第6回講談社児童漫画賞を受賞。1989年『昭和史』で第13回講談社漫画賞を受賞。1991年紫綬褒章受章、2003年旭日小綬章受章。主な作品に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』など。2015年11月死去。

「2022年 『水木しげるの大人の塗り絵 あの世紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水木しげるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×