美幸 (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.19
  • (4)
  • (8)
  • (18)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 108
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041105610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんで読もうと思ったんだか?忘れるくらい前~に予約してやっときた。なるほど、こういうお話でしたかー。いや、なかなか面白かったです。舞台のために書かれた本なんですねー。愛って、人それぞれだけど、コワいわーw
    ところで著者の鈴木おさむさん、背中にホントに「美幸」ってタトゥーいれてるんですねー!いやー、コワいわーwww

  • 美幸がどんな犯罪を犯したのか気になってどんどん読み進めてしまった。

    発端はどこにでもありそうなイジメの話。
    それが美幸の人格を作り上げ、事件になっていく。
    ある意味ここまで他人のためにできる美幸は純粋なのかもしれない。

    女子のイジメの心理をここまで描けるのは、奥さんの実話も下敷きになってるんだろうな。

  • 読みやすくて、小説には珍しくあっという間に読めた。
    いじめによって、ひとの見方をねじ曲げられた主人公の美幸。復讐の描写がとにかくこわい。
    最後はあっけなく終わってしまって、これでいいのか、、というような思い。もの悲しい気分になった。

  • かなり共感し、あっという間に読了。
    文字ノートをつける所はちょっと理解できなかったけど。ひねりすぎかな。
    世の中いじわるな人が意外にいて、そうじゃない人も心の中にそういう部分があって、何かのきっかけでそれが出てしまうかしまわないかの違い。不信感は増えることはあってもなくなる事は難しいです。

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。バラエティーを中心に多くのヒット番組の構成を担当。映画・ドラマの脚本や舞台の作演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。マンガ原作は、「秘密のチャイハロ」が初となる。

「2019年 『秘密のチャイハロ(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美幸 (単行本)のその他の作品

美幸 (角川文庫) Kindle版 美幸 (角川文庫) 鈴木おさむ
美幸 (角川文庫) 文庫 美幸 (角川文庫) 鈴木おさむ

鈴木おさむの作品

ツイートする