変身 Metamorphosis メルトダウン後の世界 (ノンフィクション単行本)

著者 :
  • 角川書店
3.71
  • (5)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041105894

作品紹介・あらすじ

NHKアナウンサー、堀潤が米国留学中に制作したドキュメンタリー『変身』は上映禁止となり、堀のNHK退職のきっかけともなった。その問題作を活字で再現。堀がサンタスザーナ、スリーマイル、フクシマを駆ける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元NHKキャスターの著者が、自身が制作した日米の原発事故を追ったドキュメンタリー映画を書籍化したもの。
    この映画が、著者がNHKを去るきっかけとなったというのも、この事故の象徴的な側面かもしれない。

    放射能や原発について、専門的なこと、化学的データの意味などは私にはわからない。だが、チェルノブイリやスリーマイル島も含め、原発事故関連の話を見聞きすればするほど、原子力など、人間の能力を超えた恐るべきシステムであるとしか思えない。
    国家の機能停止さえ危ぶまれるほどの危機が予測できるというのに、なぜ原発でなければならないのか?
    人間のすることに絶対などありえないのに、なぜ安全だと言って譲らないのか?
    ひとたび何かが起きてしまったら、結局は誰かが人柱にならなければ決して収束できないというのに、しかも数十年という月日が間違いなくかかるというのに、なぜこの方法に固執するのか。
    人々の犠牲が前提のシステムが、なぜ許されてしまうのか。
    よもや、今後は二度と原発の事故は起こらないと、本気で考えているわけではあるまい。

    事故の収束のために原発に入った作業員の言葉が重い。
    「自分らはあと40年も50年も生きられないので、そうすると今日とか、明日生まれてくる誰かが行かないとどうにもならないんじゃないか(中略)今日生まれてくる誰かが放射能浴びに行かなくちゃ収束しない。」
    「1ワットの電気も生み出さない原子炉のために、誰かが犠牲にならなければならない」

  • 忘れてはならない、事故。学ぶべきこと。堀さん、渾身の作品。

  • 日米の原発事故を追ったドキュメンタリー映画「変身」を、「決して忘れないために」制作するに至った過程とそのなかで著者の体験や考えが、中心に語られている。
    http://8bitnews.org/

  • NHK退職の経緯、アメリカスリーマイル事故後の様子と今後も福島を「忘れないために」何ができるか考えさせられる。ツイッター発信、自分ごととして捉え原発作業員にはいっていった長野の男性、すごい、

  • NHK元アナウンサーの堀潤が同タイトルの映画を作るに至った経緯と取材記録を綴ったルポ作品。映画の補完作品となっている。

    マスコミは組織の方針に従って報道をしているというのがよくわかった。またマスコミから提供される情報を自分でよく吟味する必要があることを説いている。

    印象的だったのは、アメリカで多くの核実験場や原発跡地が理由もなしに立ち入り禁止になっているということだ。またサンタスザーナ野外実験場にある原子炉がメルトダウンしていたにもかかわらず、2007年になるまで誰にも知られてこなかったことには驚いた。

    この地域ではがん発生率が高いようだ。放射能が原因だと考えられるが、因果関係が明確でないとの理由から、政府から補償を受けることができないでいるようだ。

    因果関係が明確でないとの理由から、政府から補償を受けることができなかった事例が日本にもある。水俣病の補償では、典型症状が出ていない患者の多くは補償を受けることが出来なかった。今後、福島第一原発事故の補償問題が浮上してくるかもしれない。そのときに同じことが起きないことを願うばかりだ。

    本作は映画を観ていなくても十分内容を理解できる。むしろ、本作を読んでから映画を観るとより一層、理解が深まるだろう。マスコミやメディアに興味のある人には、ぜひ読んでほしい作品である。

  • 福島原発の事故を、報道という面から解説した本でもあり、変身という映画が作られるまで本。内容よりなにより、作者は報道関係者はかくあってほしいと私が思っている人という印象。長いものに巻かれすぎるような報道関係者になんの存在意義がある?(笑)

  • 原発災害時ツイッターで貴重な情報を流しつづけた堀潤氏。
    NHKを退局後 8Bit newsを立ち上げ自由に発信を続けておられます。この本ではNHK在職中での出来事や退職後スリーマイルを取材した話、さらにスリーマイル以前にメルトダウンした原子炉の話など知らないことがいろいろ書かれていました。このような本はできるだけ多くの人に読んでもらいたいと思います。

  • 映画を見てみたい。

    本のボリュームから仕方ないのですが,
    もっともっとたくさんの内容が読みたい。

  • スリーマイル・サンタスザーナ原発への訪問調査が参考になる。
    機会があれば映画「変身」を見てみたい。

  • 27

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀 潤(ほり じゅん)

1977年兵庫県生まれ。NPO法人「8bit News」代表、ジャーナリスト。立教大学文学部卒業後、2001年4月、アナウンサーとして日本放送協会(NHK)入局。岡山放送局を経て、『ニュースウオッチ9』『Bizスポ』など報道番組を担当したのち、2013年4月に退局。投稿型ニュースサイト「8bit News」を立ち上げ、パブリック・アクセスの実現、オープンジャーナリズムの実践を目指している。

「2013年 『僕がメディアで伝えたいこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

変身 Metamorphosis メルトダウン後の世界 (ノンフィクション単行本)のその他の作品

堀潤の作品

ツイートする