哀切の小海線 (単行本)

著者 :
  • 角川書店
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106075

作品紹介・あらすじ

一週間後に刑期満了で出所するはずの受刑者・鹿島が刑務所から脱獄した。十津川警部は、鹿島の逃走経路を追い始めると、かつて鹿島と親交のあった情報屋が殺されていた。鹿島の逃走と関係があるのか…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 171103

  • 2015年8月22日
    鉄板の面白さ。家にたくさんある西本京太郎の本、また読んでいこうかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九三〇(昭和五)年、東京生れ。鉄道ミステリ、トラベルミステリの立役者で、二〇二二年に亡くなるまで六〇〇冊以上の書籍が刊行されている。オール讀物推理小説新人賞、江戸川乱歩賞、日本推理作家協会賞など、数多くの賞を受賞。

「2022年 『十津川警部と七枚の切符』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×