部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (65)
  • (171)
  • (108)
  • (24)
  • (1)
本棚登録 : 1234
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106174

作品紹介・あらすじ

なぜ「部下の相談」に乗ってはいけない?――60歳でライフネット生命保険を起業・成功させた著者が、部下マネジメント論を展開!“任せたいのに、任せられない”と嘆く人への特効薬。あなたの仕事をラクにする本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「部下の方が仕事に詳しい」という点は、新しい発見だった。
    上司に聞かれたら部下は答えられないといけないし、部下は上司に進言しないといけない。
    でも、こういう話が本で出るということは、この手のことを考えたことが無い中間管理職以上の人が結構いるということなのか。

  • 一人の力はちっぽけで、何かを成し遂げるには、互いを補い合えるチーム作りが必要。
    「人をどのように使い」「どのように任せて」「どのように組み合わせて」いけば、強いチームができ上がるのか(p.6


    以下、備忘を抜粋。
    ・「丸投げ」と「任せる」の違い:
    後者は、権限の範囲が明確で、指示が的確。
    ・指示を的確にするには、双方向性を持たせる:
    たとえば口頭での指示が苦手なら、文書やメモで残してやる・部下に指示の内容を復唱させる等。
    ・報連相は、上司が部下に対して行うもの
    ・部下の創意工夫を引き出すためにも、目的と背景をきちんと伝える
    ・何度でもやり直しをさせる
    ・山本五十六の名言
    「やってみせ、言って聞かせて、させてみせて、褒めてやらねば、人は動かじ。
     話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
     やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」
    ・責任感とは、「どんなときにも、ベストを尽くす」こと

    てなわけで。
    自分もまだまだ成長したいお年頃なのですが、後輩の成長の芽を奪ってしまわないように、
    後輩や周りの人を育て、使うということを、今年度は学んでいきたいと思います。

  • 部活を忙しくさせること
    優先順位、期限は明確に伝える
    決裁権をいかに与えるかなど

    常に上司、社長の立場で、仕事の流れを考えるようにしていきたい

  • ・大前提:「人はそれほど優秀ではない」。この「人」とはもちろん上司である自分である。→だから、部下の助けが必要。色々テクニック論を言う前に、自分が優秀だと思うその意識を変えないと意味がない。
    ・尖っているから強い。
    ・マネージャーとプレイヤーでは求められる能力が違う。
    ・山本五十六
    「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。」
    続きがあるとは知らなんだ。
    「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」
    →これ、前半も大切だけど、後半のほうがもっと大切かつ難しいと思う。この後半部分をしれただけでも本書を読んだ価値あり。
    ・自分の中にない音符を持った人に任せるから、違う解決方法が出る。

  • 題名通り任せる技術が具体的に書かれており、翌日から活用できる内容でした。「権限の範囲を示さないのが丸投げ」という著者の言葉も納得。

  • 仕事を依頼するときの任せ方のポイントについて学ぶことが出来た。的確な指示とは、期限、目的、要求レベル、優先順位が示されていることだと書かれていた。確かに、指示されるときに、これらの情報が示されていないと、どのように進めていけば分からなくなってしまうことがあり、報国寺に方向性が間違っていると修正に余計な時間がかかることがある。依頼する時は、4つのポイントを伝えているかを意識することと、依頼を受ける時も示されていなかったら確認することをしていこうと思った。
    部下のタイプによって、伸ばし方を変えていくことも重要で、負荷を与えて伸びるタイプ(鉄タイプ)とじっくり育てて伸びるタイプ(瓦タイプ)がいることが分かった。教育する時は、自分が教わったように教えてしまうことが多いため、自分や部下がどっちのタイプかを見極めた上で、教え方や任せ方を変えていく必要があると感じた。

  • audiobookにて。

    聞き流しなので正確ではないけれど、覚えているところ。

    部下を持ったら
    ●プレイングマネージャーになってはいけない。
    ●部下の仕事は60パーセントで満足する。全員が60になったら、そこから上げていく。
    ●丸より三角。角は個性。短所をなくさない。
    ●短所と長所はトーレドオフ。

    短所と長所を、「表裏一体」ではなく「トレードオフ」と表現しているのが分かりやすい。短所をなくしたら長所もなくなってしまうということ。
    角のある三角を積み重ねて石垣を作る。それをまとめるのが上司だそう。

  • 任せられない=判断のスピードが遅い

  • マネージャーとしての具体的な仕事のやり方から
    リーダーとしての心の在り方まで書かれていてとても勉強になった。
    これからの仕事に活かしていく所存。
    出口さんはめちゃくちゃ思考がロジカルなんだけど思いやりがあって
    感情がすぐ顔に出るなんてところは人間味もあったりして
    とにかく血が通った上司というイメージが伝わってきた。

  • 会社での働き方が実によくわかる。山本五十六の言葉は、今でも通じる。
    「やってみせ、言って聞かせ、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らじ。」
    また、部下を肯定的に評価するための褒めると叱るの割合に関し、ロサダの法則が通常3:1であるところ、優良企業、超優良企業になるにつれ褒める率が6:1から9:1に上がる点も面白かった。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、72年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長等を経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を務める。08年にライフネット生命を開業、12年東証マザーズ上場。18年より現職。

「2019年 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)のその他の作品

出口治明の作品

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする