札幌アンダーソング (単行本)

著者 : 小路幸也
制作 : あき 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月28日発売)
3.16
  • (14)
  • (43)
  • (104)
  • (27)
  • (6)
  • 本棚登録 :524
  • レビュー :81
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106587

作品紹介・あらすじ

北海道は札幌。雪の中、全裸で発見された奇妙な遺体の謎を解くため、若手刑事の仲野久は、先輩で無駄に色男な根来とともに、「変態の専門家」を訪ねる。はたしてその専門家とは、美貌の天才少年・春で・・・・・・。

札幌アンダーソング (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーーーーーーん。個人的に、話が全体的に微妙な感じだった。
    北海道の開拓の歴史に合わせた大事件が起こるのかなと思ったけども、案外あっさりというか。続きは次巻で! と言わんばかりなのが、なんか、納得いかなかった。

  • 【読了】札幌アンダーソング/小路幸也

    読み始めて事件が起きて、唖然としてしまった(笑)
    なんて下品な事件なんだ。
    でもそこは小路幸也さん、一人ひとりのキャラクターがたっていて読みやすい。

    しかし、なんでこう最近の小説はせっかく面白そうなのに表紙をアニメ調にするのかなぁ。
    ライトノベルを馬鹿にする気はないのだけど(私も読むときは読むので)、なんだかそれっぽくて手に取りにくい…。
    表紙は分かりやすく言うと顔なわけだから取っつきやすい物にしてくれると助かるんだけどなぁ、なんて。
    いや、イラスト自体をいうならとても線が綺麗で好みなんですけど。

  • 面白いけど微妙に続きもの。

    …感想が出てこないな。
    ちょっと超常もの。
    あと美人ばっか出てくる。
    若干BL要素あり(というか、なんでもあり?)

    小路さんの本は母親も好きなんだが、ちょっとこう、お勧めしにくい。

  • 天才美少年や渋い先輩刑事に萌えるし北海道開拓史の闇に迫る陰謀ものとしてもときめくんだけど、どちらの要素も物足りなさを感じる。もう一声!

  • 小路幸也の作品には、これまでにも個性的な登場人物がたくさんいて楽しめたけど、この作品は何だか中途半端な感じがしました。上手く言えないけれど、キャラクターも内容もあまり厚みが無いように思えてちょっと残念でした。

  • 少路さんの話は好きなものが多いので読んでみたが、ちょっと残念でした。結局何をやりたいのか分からないし、結末も全然すっきりしないし、話終わってない・・・
    続編は読みたくないけど、中途半端に止めるのが嫌いだし、出たら読んでしまいそう ^_^

  • シリーズ化しそうだな。

    これ一作について言うと、面白くなかった訳じゃないけど、いまいち薄っぺらな印象。キャラも、設定だけみたら魅力的っぽいのに、実際設定通りの魅力が伝わってこなくて残念。

    二作目に期待かな?

  • 小路幸也作品初読み。
    京極堂シリーズを読んでいたせいか内容の軽さに驚く(笑)
    まさにカルチャーショック(笑)
    バンドワゴンシリーズもこんな感じならあまりそそられないなあ(;´∀`)

  • 図書館より。

    さらりと読了。何だかキャラ読みしてしまった。イラストが好みすぎる(笑)。

  • 表紙がライトノベルで良く活動されている、あきさんだと思い手にしました。当たってたのと、ライトノベルや漫画だけではなく、こういった普通の小説にも展開されているのに嬉しくもあり、寂しくもあり。
    さて本編なのですが、いったい表紙の男の子はいつ出てくるのだろうかとドキドキしていたのですが、なかなか出てこず、焦らされたこの作品。私は好きです。
    この小路さんの作品は私、初めてなのですが、ところどころに笑いを持ってきたりして…ミステリーとしてはさっぱりしているような気もしますが、爽やかな感じが私は好きです。
    春と久の関係も気になりますが、山森の今後も気になります。

全81件中 1 - 10件を表示

札幌アンダーソング (単行本)のその他の作品

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

札幌アンダーソング (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする