海よ、やすらかに (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106594

作品紹介・あらすじ

4月の初め、湘南の海岸に大量の白ギスの死体が打ち上がる事件が続いていた。異常を感じた県の要請で対策本部に呼ばれたのは、海洋生物の生態系を守る魚類保護官・銛浩美。魚の大量死に隠された謎と陰謀を追う!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.02.14
    初めての著書。また新しい人に出会えたっていう感じ。実際に起こっていること?みたいな錯覚を覚える内容だった。少し元気ももらえる本だった。続けて読んでみる。

  • 主人公の女性は男前。食物テロという言葉をこの本を通して初めて知った。

  • 今迄の喜多嶋隆の作品とは作風をまた変えてきてんだけど、芯は20数年来読み続けてきた喜多嶋隆そのものだった。昔よりより海、特に鎌倉辺りの海に対する愛着をより感じるようになった。最新の喜多嶋隆はすごく面白かった。

  • ハワイの海洋生物研究所に勤務する銛浩美の元に、日本から一本の電話が入る。
    相手は母親だったが、話の内容は浩美が生まれ育った湘南の海が直面している危機についてだった。
    ここのところ、大量の白ギスの死骸が海岸に打ち上げられているという。
    職場に許可を取り、調査の為に帰国した浩美を待ち受けていたものは......。

    2014年4月6日読了。
    文庫ばかりをチェックしていたのですが、久々に四六判で新刊が発売になっていました。女性ヒロインの活躍する海洋ミステリ小説です。
    ここ数年かけて、リズムだけではない、新しい文体に挑戦されてきた喜多嶋さんの、まさに力作に仕上がっていると思います。
    扱っている内容は一種のテロ行為。詳しくは書けませんが、これが実際に起きたら本当に恐ろしいという内容です。
    ラストで空港に向かったヒロインが、元恋人の元にUターンする場面は新鮮。これまでの喜多嶋作品だったら、ヒロインはたぶん、ほろ苦い想いを噛みしめながら、飛行機に搭乗して終わっていたんだろうな。
    随所随所に、新しい風が吹き込まれていて、これはこれで良い作品に仕上がっていると思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

5月10日東京生まれ。コピーライター、CFディレクターを経て、第36回小説現代新人賞を受賞し作家に。スピード感溢れる映像的な文体で、リリカルな物語を描き、多くの熱烈なファンを獲得している。近作は『地図を捨てた彼女たち』『みんな孤独だけど』『かもめ達のホテル』『恋を、29粒』『Missハーバー・マスター』(すべて角川文庫)、『海よ、やすらかに』(株式会社KADOKAWA)など。湘南・葉山に居を構え執筆と趣味の海釣りに励む。

「2022年 『潮風メニュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜多嶋隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×