レイニーキラー (単行本)

著者 : 廣瀬航
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月25日発売)
3.60
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 22人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106808

作品紹介

人の思考を読み取ってしまう少年・百瀬は事件を起こし、小さな寺に身を寄せる。一方、上野では雨の日に犯行を重ねる殺人鬼、レイニーキラーが。青年僧徳丸を疑う百瀬だが…。過去との和解と許しを問う傑作ミステリ。

レイニーキラー (単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  免許証も健康保険証すらも無く途方に暮れていた19歳の百瀬は、なけなしの金をスリに狙われたところを早乙女という男に助けられ、いわゆる駆け込み寺となっている瑞峯寺を紹介される。そしてそこでおよそ僧には似つかわしくない徳丸和尚に出会う。徳丸の行動はめちゃくちゃで、先代を恨んで寺をつぶすためにいるのではないかと噂されていた。寺での生活に徐々に慣れていく百瀬だったが、ある日、秘密にしている自身の特殊能力(共感能力)で徳丸からは何も聞こえてこないことに気づき、徳丸にサイコパスの可能性があることに恐怖を覚える。巷では雨の日に傘を使った殺人事件が連続して発生しており、徳丸が無関係には思えない状況があった。

     おもしろかった!主人公の特殊能力や、隠された秘密をうまく生かしたストーリーでぐいぐい引き込まれたし、そして何より、キャラがとてもしっかりしているので最後には愛おしさすら感じてしまった。徳丸ー!

  • 雨の日に起こるホームレス連続殺人事件。
    触れると相手の考えていることが分かってしまう主人公の百瀬と、人の気持ちが全く理解できないお坊さんの徳丸。
    犯人はすぐ当たりをつけられるけど、対照的な二人のやり取り、関係の変化が良かった。二人の今後が気になるところ。

  • フォトリーダー廣瀬航さんが処女作にして、角川書店電子書籍対象を受賞した話題の作品を読みました。

    とても処女作だとは思えない面白さでした。設定の甘さはいくつか気になる所はありましたが、『心』を題材にしたシナリオは最後まで引き込まれるものがありました。

    次の作品に期待したい作者です。

全3件中 1 - 3件を表示

レイニーキラー (単行本)のその他の作品

廣瀬航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
道尾秀介
三浦 しをん
道尾 秀介
中山 七里
道尾 秀介
東野 圭吾
三浦 しをん
誉田 哲也
有効な右矢印 無効な右矢印

レイニーキラー (単行本)はこんな本です

ツイートする