愛の国 (単行本)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.12
  • (24)
  • (21)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 147
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106877

作品紹介・あらすじ

満開の桜の下の墓地で行き倒れたひとりの天使――。昏い時代の波に抗い鮮烈な愛の記憶を胸に、王寺ミチルは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す。愛と憎しみを孕む魂の長い旅路を描く恋愛小説の金字塔!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王寺ミチル様、、、

    角川書店のPR
    「満開の桜の下の墓地で行き倒れたひとりの天使――。昏い時代の波に抗い鮮烈な愛の記憶を胸に、王寺ミチルは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す。愛と憎しみを孕む魂の長い旅路を描く恋愛小説の金字塔!」

  • 彼女は記憶を失くして尼寺の墓で倒れていた。そこは彼女の最愛の女性の墓の前だった。
    世間は今、どうしようもない底なしの不況と、出世率の低下、そこからとられた同性愛者への政治的な迫害の凶悪化の真っただ中だった。
    彼女は彼女を愛し、彼女を愛した演劇の最中失った彼女の最愛の人と心中事件を起こした。
    その真実は何なのか。四国・スペインの巡礼を経てたどり着く愛の中のラストはとても優しく、静かな光に満ちていた。

  • 元より三部作にする とのこととはしらなかった。
    ミチルの過激な生活や旅をみるのも最後。

    姫野トオルには哀れみをそそられるけど、やっぱり苛付く。

  • 作者は自分の命と引き換えに、血肉を削りながら文章を編む人だと思ったし、あとがきを読んで確信した。あとがきを読んで少し泣いた。
    架空の設定をされた日本、安定することが出来ないミチルさんの運命。収容所の仲間がその後どうなったのか気になる。暗殺されたのかな。

  • [2014.04.21]

  • 久々の中山可穂。恋情の密度が濃過ぎて苦しくなる。こんな社会嫌だと思う一方で、今の日本は何かを間違えればこうなってしまう危険性をはらんでいる気がする。そういう警鐘をガンガン鳴らしつつ、こんな凄まじい形の愛を書けるとこがすごい。

  • これぞ中山可穂。
    あとがきにもあるように、「愛について、孤独について、旅について、何かを表現することについて、マイノリティの悲しみについて」全てが含まれていました。
    身を切られるような痛みを感じながら読み進めました。

    ミチルさん三部作完結。
    それでもミチルさんはこれからも生きて行くのではと私は感じました。

  • 設定には正直無理があるところもあります。だけどそれが気にならない、というかそんなこと問題にならないくらい人物の魅力と情景描写が凄まじく濃密です。処女作から読んでいるファンなら泣かずにはいられないでしょう。愛、芸術、旅、タンゴなどこれでもかと中山可穂エッセンスが詰まった上で、初期の作品には無かった救いのような包容もあります。参りました。

  • 本の感想というより、読んだ感想です。
    レビューでもないのであまりお気になさらず。

    ずっと待っていたのに、買ってすぐ読み始める事が出来ませんでした。
    ミチルさんの物語を待っていたし、それ以上に中山可穂先生の本を心待ちにしていました。
    読み始めたら読み終わってしまう。当たり前で避けられないそれがあまりに悲しくて、また待つ日々に戻るのも悲しくて、数日寝かせてしまいました。
    結局、一週間も耐えられなかったのですが。
    読み始めたらいつも通り、一日中本を掴んで他には何もせず、只管読みました。

    中山可穂先生の本で思う事は、いつも、私も恋をしたい、ということ。
    今回も例外ではなく、強くそう思いました。
    こんな、いつも同じく、だなんて感想は、ちゃんと読んでるのかとか、内容を汲んでるのかとか、自分でも思わずにいられないのですが…
    それでもいつも思ってしまうのです。恋をしてから死にたいと。

    駅の本屋にはベストセラー作家の新刊しか並ばないので(単行本は特に)、私は自宅の駅前の大きな本屋まで購入を我慢しなくてはいけませんでした。
    すぐ読むわけじゃないのに、一刻も早く中山可穂先生の本を手に取りたいと思いました。通販で買って届くのを待つなんて、考えられない事した。
    本屋で新刊の棚に「愛の国」の背表紙を見た時は、もう死んでもいいと思いました。読む前に死んだら、きっと後悔すると思うのに、矛盾しています。
    いつも、中山可穂先生の新刊が出ると、ああ、先生は生きてらっしゃるんだな、と心からホッとします。
    本の中の人物(とりわけ主人公たち)と、先生本人はもちろん違うでしょう。
    しかし解っていても、いつか、ふ、といなくなってそれきりになってしまうような、そんな気がするのです。
    こんな片隅で、ただ先生の本を好きだというだけの私ですが、先生の本が心の支えなのです。
    一人の、どうしようもない、何にもなれない私の、心の支えなのです。

    ミチルさんのように 死にたい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      素晴しいラヴレターですね、、、
      素晴しいラヴレターですね、、、
      2014/03/06
  • 同性愛者を目の敵にした独裁政権下で,秘密警察やネオナチの横暴に屈しないで舞台で同性愛者の芝居を強行する王寺ミチルとその仲間の物語だが,魅力的な人物が数多く登場する.冒頭で記憶をなくしたミチルを手厚く介護し,四国の隠れ家への道をつけてくれた隈井静慧.体制側からの締め付けを打破しようと議員に立候補し,ミチルの助けで力を得た白鳥さやか.ミチルは四国遍路の道中で捉えられ収容所に送られるが,そこで会った野党党首の 春遠ひかり.ミチルはひかりの脱走に力を貸すことになる.政権への抗議でハンストを強行する静慧尼の説得役として収容所から出られたミチルは,尼の旧来の友人への伝言を託されてスペイン巡礼へ旅立つ.ミチルと稲葉久美子との芝居の場面の描写も素晴らしかったが,二人に事故の記述は真に迫っていた.久美子は死亡するが,スペイン巡礼で彼女の霊と同行するような場面も楽しめた.427頁の大冊だが一気に読破した.面白かった.

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ。早稲田大学教育学部英文科卒。93年『猫背の王子』でデビュー。95年『天使の骨』で朝日新人文学賞を、01年『白い薔薇の淵まで』で山本周五郎賞を受賞。その他の作品に『感情教育』『マラケシュ心中』『ケッヘル』『サイゴン・タンゴ・カフェ』『悲歌』『愛の国』など

「2018年 『娘役』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛の国 (単行本)のその他の作品

愛の国 (角川文庫) 文庫 愛の国 (角川文庫) 中山可穂
愛の国 (角川文庫) Kindle版 愛の国 (角川文庫) 中山可穂

中山可穂の作品

ツイートする