USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.17
  • (125)
  • (134)
  • (55)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 959
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041106976

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Swing the batの発想にいたるまでの段階を知れる本というか。まんまとこれらの戦略にはまった顧客側視点で読み始めて、ドストライクに楽しみ、今も楽しみ続けているUSJの戦略に「綺麗に戦略にはまってたんだなー」脱帽しました。私も昔はなんでもありになりすぎているUSJに違和感とか、訝りを感じていた側だったけれど、映画のセットに興奮しているのは私だけで、一緒に行った友達たちはただ「ふーん」と観ていることの方が多く、映画の世界観のみを求めていた集客率1割側の人間だった自分に気づきました。読み進めるうちに友達たちのように映画の限られた世界観よりも広い範囲のエンターテイメントに興味をそそられる人たちの集客がどこまでできるかなどに気づいて経営戦略を練る発想ができた根源の考え方とかを垣間見れた気がしました。さらっと読めて面白い自己啓発にもつながる本かと思います。

  • 単にサクセスストーリーの紹介にとどまらない、フレームワークの解説など非常に参考になった。

  • 感動しました!
    ドラマになったら面白そう!

    またアイデアのフレームワークは何にでも応用できそうで、非常にタメになりました。

  • 自分というより、夫が興味深々で、つられるように読了。


    イノベーションフレームワーク
    ①フレームワーク
    ②リアプライ(同じ課題に直面した他社事例を探す)
    ③ストック(アイディアを思いつくための情報のストック、人でもよい)
    ④コミットメント(考えて考え抜くこと、泥臭い戦術の詰めエクセキューションまで)

    ①には戦略的フレームワーク

    目的⇨戦略(アイディアの必要条件)⇨戦術(アイディア)
    と絞り込んでいって、当たる確率を高める。

    と、数学的フレームワークは足して100になる仮説を立てて、ロジカルに検証していくワーク。
    確実に100になるように、重なったり、あいてるところがないように。検証するエリアをどんどん絞り込むのに最適。

  • 森岡さんが面白そうな人でよかった

  • USJのマーケティング責任者が右肩下がりだった集客数をどうやって立て直したか、という内容です。
    アイデアは天才が閃くもの、という固定観念、諦めを見事に覆してもらいました。
    まず最終的に達成すべき目的は何かを考え、次にそれを達成するための必要条件は何かを考え、最後にそれを具体的に実現するためのアイデアを考える。
    アイデアを考えるのには、他から効率よくその精神をパクり、閃くための様々な経験というストックを積み重ね、最後は情熱をもって考え抜く。
    書いてあることは、言われてみれば当たり前のことばかりですが、目の前の些細な状況に振り回され、それができていると胸を張って言えないことが多いですね。
    読んでよかった本の一冊になりました。

  • モンハン「400時間の風圧」、アイデアの神様の正体は確率、800億円の売上で450億円の投資、生き残るためには攻め続けて勝ち続けるしかない、「どんな条件を満たすか、着眼点をどこに定めるか」

  • 会社の上司がオススメしていたので読んでみた。

    文句なしに面白いと評判だったが、文句なしに面白かった。なんか読んでいて活力がみなぎってくるような本だった。

    パンツを脱ぐ勇気と似た匂いを感じた。

    また、思考法も
    - 必要条件,戦略をしっかり設定する
    - 上手くパクる(リアプライ)
    など、勉強になった。

    <イノベーションフレームワーク>
    - フレームワーク(戦略 ➕ 数字)
    - リアプライ
    - ストック
    - コミットメント


    この人の他の本も読んでみたい。

  • 以前カンブリア宮殿でみたUSJのマーケティング担当役員の書籍。 USJのV字回復におけるマーケティング活動の実績とハリーポッターエリアの宣伝を兼ねていますが、著者の情熱と企業経営におけるマーケティングの重要性が理解できる本だと思います。三部作になっているので全書読破したいと思います。

  • 考えることが如何に大事かを教えてくれる本。
    それから、好きなことを仕事にしているとパワーが出ることも教えてくれる。

全127件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

戦略家・マーケター。高等数学を用いた独自の戦略理論、革新的なアイデアを生み出す ノウハウ、マーケティング理論等、一連の暗黙知であったマーケティングノウハウを形式知化し「森岡メソッド」を開発。経営危機にあったUSJに導入し、わずか数年で劇的に経営再建した。現在は、マーケティング精鋭集団「株式会社 刀」を率い、マーケティングによる日本の活性化に邁進中。

「2018年 『マーケティングとは「組織革命」である。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?のその他の作品

森岡毅の作品

ツイートする