ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21)

  • KADOKAWA/角川書店
3.78
  • (29)
  • (56)
  • (40)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 544
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041107065

作品紹介・あらすじ

合コンからプレゼンまでどんな場面にも効く話術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 話し方には技術がある
    練習すればうまくなる

    • だいさん
      https://www.evernote.com/shard/s37/nl/4075866/281e3c8c-26a4-4117-812c-...
      https://www.evernote.com/shard/s37/nl/4075866/281e3c8c-26a4-4117-812c-1a1f2ea9e463
      2015/07/01
  • 人前でうまく話すには。

    準備をしっかり!
    自分の信用を上げる自慢を自虐ネタなどでさりげなく入れ、エトス度あげる。
    共感や同情を得られるようきちんとストーリー立てする。パトス!
    ただし長くならないようにメリハリ意識。いらない部分はばっさりカット。
    論理的に相手を納得させる情報を、順番など考えて効果的に出す。ロゴス

    ジャパネットや池上さんリスペクト。
    普段から研究すること。見た目や態度も影響ある。

  •  私はコミュニケーション能力が無いことを自分の性格のせいにしていた。もちろん、どのような性格であるかは無関係ではないと思う。しかし、コミュニケーション能力は、訓練し実践することで上達させることはできる。相手の心を掴むことができるよようになるには、どうすればよいのだろうか。
     この本の著者は、お笑い芸人のパックンである。アメリカ人でハーバード大学卒業という異色の経歴の持ち主である。ジャーナリストの池上彰に依頼され、東京工業大学で非常勤講師をすることになった。講義の前に学生に「自覚、自信、自己主張」を繰り返し復唱させていた。自分の知識、立場、目的を自覚して、自分の話す内容に自信をもって、自分の主張をはっきりと言う。この3つのことを意識するだけでも、相手に与える印象は違ったものになると思う。
    さらに、「エトス、パトス、ロゴス」の3つの要素を盛り込むことができればなお良い。
     エトスとは人間的なものに働きかける要素で話し手を信用しようという気にさせるような表現のことである。人格が優れている、品格がある、センスが良い、面白そう、価値観が一緒など、その人の信頼性に関わっている要素である。例として、美容師の友人の結婚式のとき、美容院の社長がスピーチをしたときのことをあげる。そのひとは50歳を超えているが、見た目はより若く見え、服装や髪型もセンスの良さを感じさせた。穏やかに滑らかに友人の仕事ぶりやどのような人物であるかを、いろいろなエピソードをまじえて話していた。他の出席者に聞いても、自分と同様に印象に残るスピーチだと話していた。聞き手をひきつけるためには、内容も大事だが、その人の立場や見た目の印象であったり、相手の興味をそそるような構成で話をすることが必要なことなのだと感じた。
     次にパトスとは感情に働きかける要素である。怒り、喜び、愛国心、家族愛、憧れなど、聞いている人に特定の感情を抱かせるような要素のことを指す。自国が危険にさらされていると愛国心や恐怖心を煽り、戦争へと国民の意識を高める。コマーシャルに有名人やスポーツ選手を起用して、視聴者の憧れの感情を刺激して購買意欲を高めることなどがある。狙いたい感情を決めて、詳細なストーリーを用いて伝えることで説得力が高まる。悲しみや寂しさといった感情を煽っても相手がより落ち込んでしまうので、あまり効果が期待できない。
    ロゴスは頭脳に働きかける要素のこと。論理性や理論性があることで説得力が高まる。「人間はいつか死ぬ。僕は人間だ。だから僕も死ぬ。」といったAであって、Bであるから、Cである。という論理的な話し方で説得力が高まる。また、論理性や理論性がなくても、簡潔に言い切ったり、リズムを持たせたり、強調するということでも効果がある。オバマ大統領の「yes,we,can」や林修の「いつやるの。今でしょ!」などは、短くても印象に残る分かりやすい例と言える。

    著者の出身のアメリカでは小学生の頃からすでにコミュニケーション能力を高めるための教育に力が注がれている。日本ではやはりテストで良い点数をとることが重要視されています。また、日本人の謙虚な国民性や、あまり多くを語らずとも相手の考えを察するのが良いという文化の違いもある。だからこそ、コミュニケーション能力が高いひとは重宝されるのではないだろうか。この本の内容を実践してコツを掴み、相手の心を掴むことができるようになれれば、仕事でも日常生活でもこれまでと違う世界が拓けるように思う。

  • 実際に授業を受けたら面白そう。テクニックは理解したが、練習することができるか、少しずつ試してみるか!

  • たまにはこういう本も。

    自覚!自信!自己主張!

    なるほどたしかに、多くの日本人に必要なものを端的に言い表しているなあ、と。

    欧米流のコミュニケーションスキルを分かりやすく解説しつつ、だからといって日本人のスタイルを全否定しているわけではないという点が、とっても感じ良かった。

    ★3つ、7ポイント半。
    2018.06.29.古。

    ※ハーバード大学を首席卒業して、役者や芸人を志すとは…。

  • 【目次】
    はじめに [003-010]
    目次 [011-013]

    ■第一幕 理論編 話術の基本テクニック 015
    第一章 話術は「習って慣れろ!」 016
    第二章 あなた自身でツカむ「エトス」 042
    第三章 「感情」によってツカむ「パトス」 064
    第四章 「言葉の力」でツカむ「ロゴス」 080
    第五章 相手の懐に入り込むには 103

    ■幕間対談 パックン×池上彰 対話で学ぶ「ツカみ」の極意 131

    ■第二幕 実践編 現場で使える「ツカむ! 話術」 157
    第六章 心を打つスピーチ、プレゼンの技術 158
    第七章 話し合いの場での話術 173
    第八章 騙す話術の見抜き方 206
    第九章 これが「ツカむ! 話術だ」 222

    付録 「ハーバード流」自己紹介 [240-248]

    おわりに(二〇一四年三月 パトリック・ハーラン) [249-255]

  • エトス、パトス、ロゴスといった理論の話から、自身の経歴や経験からくる例までとてもよくまとまっている。
    自覚、自信、自己主張!

  • 東工大で非常勤講師を勤め、お笑いコンビパックンマックンのパトリック・ハーラン氏によるコミュニケーション術について書いた一冊。

    日経新聞で氏の記事が掲載されており、エゴス、パトス、ロゴスについて詳しく知りたいと感じて本書を手に取りましたが、相手を説得させるための技術がふんだんに書かれており、非常に勉強になりました。
    ハーバード大卒ということで会話術についても非常に哲学的な観点から語られていると感じたと同時に欧米と日本の明確な考え方の違いも本書で理解できました。
    またスピーチやプレゼン、ディベートなど人と会話する場でのそれぞれの対応策やその場でのエトス、パトス、ロゴスの使い方も解説されており、その点も非常に勉強になりました。
    本書の内容としてはアメリカの大統領を代表とする偉人の会話をテーマにして会話術を解説したり、ジャーナリストの池上彰氏との対談も載っていて非常に楽しく読めました。

    読了後、非常に会話に対して前向きになれました。
    人格的要素のエトス、感情に訴えるパトス、会話のテクニックを駆使するロゴスとコモンプレイスを理解することやフレーミングなどの技術を使って、話術をツカめるようにしていきたいと感じた一冊でした。

  • パックンマックンのパトリックさんの書かれたコミュニケーション術に関する本。
    ハーバード卒のお笑い芸人という異色の経歴ですが、実は東工大の現役の教授でもあるんです。

    パトス>ロゴス>エトス、コモンプレイス、ハイコンテクスト、ローコンテクストetc…ハーバード卒だし、遠い昔に聞いた言葉、初めて聞く言葉もあり、もしかしてすごく難しいのでは?と思ったのですが、そこはさすが、パックン先生、聞き手の興味をひきつけて飽きさせず、かつ不快感を与えない話術をたっぷりと堪能できました。

    海外ドラマなどの影響で、アメリカの方は自分の感情を、立場に関係なく直接的に主張するイメージがあったのですが、アメリカでも、主張の仕方を間違えると、出世にひびくなど、シビアな展開になるのだそう。
    大切なのは、相手がどんな価値観を持っていて何を求めているかを探り、相手が納得する方法を提案し、説得すること。タイプ別に手を変える。

    幼い頃から相手をバカにせずに自己主張、説得したりする訓練をさせられるアメリカ、決まり文句や空気を読むことを必然とされ、自己主張や議論がしづらい日本。
    両方を知った上で、アレンジされたテクニックは、日本を愛するアメリカ人の彼だからこそできたこと。

    実在の政治家を取り上げたことで、大統領演説とか、今までなんとなく見ていたけれど、あぁ!そんな意味があったのか、ここにもテクニックが!と、違った視点で学ぶことができました。

    どんな立場、職業の方も人間関係はついてまわる。逃げることはできない。
    すべての人と仲良くすることは無理だけれど、この本のテクニックを使って、自分の周りの人と余計な摩擦をなくしたり、大切な人達とのすれ違いなどを防ぐ、幸せのための教科書だと思いました。

  • エトス、パトス、ロゴス

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

芸人・東京工業大学非常勤講師。1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。93年ハーバード大学比較宗教学部卒業。同年来日。97年、吉田眞とパックンマックンを結成。「英語でしゃべらナイト」「爆笑オンエアバトル」などで注目を集める。現在「外国人記者は見た!日本 in ザ・ワールド」でMCを務めるなど、多くのテレビ番組に出演。2012年10月より池上彰の推薦で東京工業大学非常勤講師に就任し、コミュニケーションと国際関係に関する講義も行っている。著書に『ツカむ!話術』(角川新書)など。

「2016年 『大統領の演説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21)のその他の作品

ツカむ!話術 (角川oneテーマ21) Kindle版 ツカむ!話術 (角川oneテーマ21) パトリック・ハーラン
ツカむ!話術 Audible版 ツカむ!話術 パトリック・ハーラン

パトリック・ハーランの作品

ツカむ! 話術 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする