冬空トランス (樋口真由“消失”シリーズ)

著者 : 長沢樹
制作 : 青山 裕企 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月26日発売)
3.13
  • (3)
  • (17)
  • (45)
  • (9)
  • (2)
  • 147人登録
  • 36レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041107225

作品紹介

放送室、校舎、屋上観覧車……様々な場所で起こる不可思議な事件。かわいすぎる名探偵・樋口真由と、弱小映画研究部部長の遊佐渉のコンビが、貴重な青春のひと時を謎解きに捧げる“消失”シリーズ、待望の最新作。

冬空トランス (樋口真由“消失”シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「モザイクとフェリスウィール」まゆゆが映像を公開しているbloodymayと確信し、写真部にいれようとする渉。自分の映像をどのように撮ったか解明したら入るとのこと。

    「冬空トランス」性同一性障害の話。中身は男の美月は戸籍を変えたい。家族とも揉め、悩み中。そんな中、意識を失った美月が発見される。共犯多いし。美月の悩みは、いろんな人に影響していたわけなの。

    「夏風邪とキス以上のこと」消失グラデーションあたりの話。まゆゆは転校してたのね。

    とりあえずシリーズ読んだけど、まゆゆの魅力がいまいちわからない。

  • まゆゆは好き
    あきほも嫌じゃないんだけど

    渉が受けつけないんだよなぁ
    父は好きなんだけど…

    うーん…
    やっぱり渉は無理、だな

  • シリーズ続編。おもしろかったけど、なんかネタ切れ感が・・・。マユの事が、あまり触れられてないのがウ〜ン。

  • トリック一発な短編二つといつものアレな中編一つ。「天才」や「美形」が多々登場するだけでなく、動画投稿サイトによってそれが保証されているところが面映い。リアリティ・レベルの置き場が掴めないのだよなあ。ところで「退出ゲーム」に言及していた理由って何なの?

  • 消失シリーズ3作目。前のを読んだはずなんだけどあんまり覚えていなかったので、最初からまた読もうかと思いました。

  • 「消失」シリーズの第3弾。「消失」も「夏服」も読んでいない人からすれば不親切な小説であろう。どっちもあんまり内容を覚えていないんだけれど、この2作の前後を書いた中篇が3本。真由が本当は女の子じゃなくて男の子であると言うことはそれぞれの話でそれとなくにおわされてはいるのだけれど、濁されたまま話は進む。情景も浮かびにくくて段々読むのが苦痛になってくる。誰が男で誰が女なのか段々曖昧になっていく。

  • 樋口シリーズ三作目。初短編集。
    どうも、スピンオフ的な位置付けにも思えるが、前二作を事細かには覚えていないので、不確定。
    トリックは複雑なイメージがあったが、今回は短編とあってか比較的シンプルでよい。
    が、ミステリとして読み応えがあるかといわれると微妙。
    一番よかったのは「夏風邪とキス以上のこと」。冒険小説として。
    3-

  • 樋口の冷徹っぷりがやや和らぎ最後は胸キュンだった。
    中編の冬服トランスはかなりエグめの女性心理が描かれていた。美月の周りを顧みず自分だけで決めて行動すると言う部分は苛ついたが彩瀬はかなり思い込みの重い女だった。しかしそうゆうタイプの女は結構ゴロゴロいるので気をつけねばな。

  • 【収録作品】モザイクとフェリスウィール/冬空トランス/夏風邪とキス以上のこと
    前二作の後日譚やら合間の話やらで、遊佐渉のえげつなさが際立っている。

全36件中 1 - 10件を表示

長沢樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする