冬空トランス (樋口真由“消失”シリーズ)

著者 :
制作 : 青山 裕企 
  • KADOKAWA/角川書店
3.15
  • (4)
  • (18)
  • (55)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 172
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041107225

作品紹介・あらすじ

放送室、校舎、屋上観覧車……様々な場所で起こる不可思議な事件。かわいすぎる名探偵・樋口真由と、弱小映画研究部部長の遊佐渉のコンビが、貴重な青春のひと時を謎解きに捧げる“消失”シリーズ、待望の最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <Fuyuzora/Trance>
     
    写真/青山裕企『SCHOOLGIRL COMPLEX』イースト・プレス刊より
    装丁/鈴木久美

  • シリーズ三作目。時系列の違う3つの話なのですが真由が転校したこともあって登場人物が多すぎて全く思い出せなかったため前2作を再読してから読みました。今回も前2作のネタバレをしないように書かれていますが、前2作の前後だったり重要人物のその後が出てきたりするので順番に読む方がいいと思います。補完的な意味でも楽しめます。やはり読みにくい部分はありますが今回は「消失」シリーズだということをあらためて思い出させられた本格トリックが印象的でした。登場人物をきちんと把握して読むと青春ものだということも改めて感じますね。

  • 37:第二作の「夏服パースペクティヴ」がデビュー作の「消失グラデーション」に比べてやや失速した感があったのだけど、今回はまた勢いを取り戻したように思います。
    登場人物たちがみんなかっこいい。米澤穂信「古典部」シリーズが好きな方にお勧めしたい(が、好き嫌いはあるはず)
    遊佐×まゆゆ推し!!

  • 「モザイクとフェリスウィール」まゆゆが映像を公開しているbloodymayと確信し、写真部にいれようとする渉。自分の映像をどのように撮ったか解明したら入るとのこと。

    「冬空トランス」性同一性障害の話。中身は男の美月は戸籍を変えたい。家族とも揉め、悩み中。そんな中、意識を失った美月が発見される。共犯多いし。美月の悩みは、いろんな人に影響していたわけなの。

    「夏風邪とキス以上のこと」消失グラデーションあたりの話。まゆゆは転校してたのね。

    とりあえずシリーズ読んだけど、まゆゆの魅力がいまいちわからない。

  • まゆゆは好き
    あきほも嫌じゃないんだけど

    渉が受けつけないんだよなぁ
    父は好きなんだけど…

    うーん…
    やっぱり渉は無理、だな

  • シリーズ続編。おもしろかったけど、なんかネタ切れ感が・・・。マユの事が、あまり触れられてないのがウ〜ン。

  • 消失シリーズ3作目。前のを読んだはずなんだけどあんまり覚えていなかったので、最初からまた読もうかと思いました。

  • 「消失」シリーズの第3弾。「消失」も「夏服」も読んでいない人からすれば不親切な小説であろう。どっちもあんまり内容を覚えていないんだけれど、この2作の前後を書いた中篇が3本。真由が本当は女の子じゃなくて男の子であると言うことはそれぞれの話でそれとなくにおわされてはいるのだけれど、濁されたまま話は進む。情景も浮かびにくくて段々読むのが苦痛になってくる。誰が男で誰が女なのか段々曖昧になっていく。

  • 樋口シリーズ三作目。初短編集。
    どうも、スピンオフ的な位置付けにも思えるが、前二作を事細かには覚えていないので、不確定。
    トリックは複雑なイメージがあったが、今回は短編とあってか比較的シンプルでよい。
    が、ミステリとして読み応えがあるかといわれると微妙。
    一番よかったのは「夏風邪とキス以上のこと」。冒険小説として。
    3-

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

新潟県生まれ。2011年『消失グラデーション』で、第31回横溝正史ミステリ大賞「大賞」を受賞しデビュー。双葉社、集英社、東京創元社などで作品を発表。青春ミステリから最近は社会派ミステリへ執筆の幅を広げている。社会派ミステリの著作に『ダークナンバー』『月夜に溺れる』などがある。

「2020年 『龍探 特命探偵事務所ドラゴン・リサーチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長沢樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×