ヤンキー化する日本 (角川oneテーマ21)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.43
  • (15)
  • (32)
  • (37)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 325
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041107416

作品紹介・あらすじ

気合いとノリ、母性に絆、バッドセンス。日本人は急激にヤンキー化している!現代日本に巣くうヤンキー性を村上隆、溝口敦、與那覇潤、デーブ・スペクター、海猫沢めろん、隈研吾と徹底対論!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世代論の延長にある文化論に基づく社会論であり、その根拠となるような統計的データや学術的考察、さらには他の学問(特に社会学、経済学)の参照もないまったく独自の「文化論」ないし「日本人論」を臆面も出すことができるのはある意味では貴重ではあるかもしれない。少なくともこの本における「ヤンキー」をめぐる議論を見る限りでは、最初に「ヤンキー化」なる独自の規定が存在し、そこからいろいろなことがつなげて論じられているが、結局のところ独りよがりな概念の弄びでしかないだろう。また「日本人は逃れることができない」「日本人は多かれ少なかれヤンキーの要素がある」式の物言いや、昨今の(筆者が好まない)政治的状況を絡めて劣化言説を弄する様も、完全に不毛な「日本人論」そのものでしかない。

  • ヤンキーをキーワードに、芸術、やくざ、芸能界、政治、建築を考察している本。新たな視点を得られたと思う。

  • ヤンキーの定義に確たるものがないまま、あれはヤンキー的だとかカテゴライズしながら、振り回された感が否めない。例えば、デコトラのようなヤン車に乗りながら、しかしヌイグルミぎっしり、ディズニー大好きが当にヤンキーとしながら、田中角栄や橋下徹はヤンキーだと。なんとなくで分からなくもない、気合いや迫力あり、空気を見ながら調和を敢えて崩す様を、ヤンキー的と表現しているのだろうか。だとすれば、山本太郎は?となるが、これは、ニューエイジヤンキーですよと。更に???
    私の肌感覚からすれば、山本太郎の方が、伝統的なヤンキーのような気がするし、やはり、学術的なアプローチもデータもなく、直感的な本、という印象否めず。

  • ヤンキーの特徴とはバッドセンス、ツヨクてチャラくて、オラオラ。気合いとアゲアゲのノリ。コミュニケーション力(場を読む力)。

  • ヤンキー文化の特徴は、バッドセンス、キャラとコミュニケーション、アゲアゲのノリと気合い、リアリズムとロマンティシズム、角栄的リアリズム、ポエムな美意識と女性性。対談相手は、村上隆、溝口敦、デーブ・スペクター、與那覇潤、海猫沢めろん、隅研吾。

    ヤンキーの定義をそのようにされると、日本の昔からの文化の片鱗に普通に見られること、になってしまう。今、新たなヤンキー現象、ではなく。

  • 「ヤンキー」というキーワードで現代日本社会を論じた一冊。こなれていない部分もあるが、一読の価値はある。
    「ヤンキー」とは、バッドセンスな装いや美学と「気合」 や「絆」といった理念のもと、家族や仲間を大切にするという一種の倫理観とがアマルガム的に融合したひとつの”文化”。
    殆どが対談だが、隈研吾との対談が秀逸。「歌舞伎座のスーパーシンメトリーが銭湯建築のルーツ、桂離宮は書院造と数寄屋造りの合体でテーマパーク的でそれがタウトのような和風の素人に受けた、丹下健三は存在そのものがヤンキー」といった話が次々に飛び出す。

  • ヤンキー文化を定義し、色々な分野にこれを見つける本。面白い。特に建築家の隈健吾さんとの対談が面白かった。
    ただ「あとがき」にも書かれている通りヤンキー文化=日本文化と思えてしまう。それを踏まえて、なぜヤンキー文化がダメか、を論じた部分が欲しかった。著者がヤンキー文化からの脱出を志していることが伝わるだけに。前著を読まないといけないかな?

  • 976

  • 『ヤンキー経済』とほぼ同時期に読み終わったので比較するけど、こっちの方が読み物としては読みごたえがある。
    ただ、子どもを持つ身としては、このまま日本が進むとどーなるよ、と暗澹たる気分になるのもまた事実。
    この本で言う「ヤンキー」は、反知性ではないけど、地頭のいいヤンキーは実学のみを目指す(弁護士とか)、とか、その通り過ぎて頭が痛い。
    帯の、『この国は”気合い(だけ)”で動いている。』は、違う意味に勘違いする人続出しそう。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年岩手県生まれ。医学博士。筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学など。

「2016年 『ひとはなぜ戦争をするのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤンキー化する日本 (角川oneテーマ21)のその他の作品

斎藤環の作品

ヤンキー化する日本 (角川oneテーマ21)を本棚に登録しているひと

ツイートする