平安春姫薬書 春告げる花と冬月の君 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041107966

作品紹介・あらすじ

立派な医師だった母に憧れる姫君・小春は、ついに努力が報われ典薬寮で働けることに。しかしある日、亡き母が人を傷付ける呪術を使う〈呪禁師〉の顔を持ち、自分もその力を受け継いでいるという衝撃の事実を知ってしまう。この身に宿るのは呪いの力――それでも人を救いたい。だが決意を胸に呪禁を調べる小春の前に母と呪禁について知る青年・冬次が現れ、「呪禁に関わるな」と忠告され!? 第18回小説大賞〈奨励賞〉受賞作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひさびさに少女小説らしいもの読んだ。ちょっといろいろ要素が入ってるなあ。ここは薬学だけでもいいような気もしたけど……。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×