狼は眠らない (3) (角川コミックス・エース)

  • KADOKAWA
4.17
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041108666

作品紹介・あらすじ

数々の難題をクリアし、底知れぬ実力を持つ女薬師・シーラの元に弟子入りをしたレカン。日々魔法の修練に励みつつ、ついにこの世界で「迷宮」に挑む――。エダへの魔法指導、迷宮主との死闘、八面六臂の最終巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  惜しくも完結巻となった三巻では、ゴルブル迷宮探索を中心に物語が描かれている。
     レカンが大暴れする様を描きつつ、二巻で出会った恩師シーラとの関係も深く描かれ、彼女の有り様と、そんな彼女を受け入れるレカンの姿が描かれている。

     途上での完結ながら、この巻の読み応えは素晴らしい。
     書籍版4巻でもそうだが、レカンという孤独な狼が成長する様、その胸襟を開く様が見える完結は、この物語の大きなテーマを満たしているようにも見える。
     書籍版も、コミカライズ版も、そうしたこの物語の物語性を貫いてくれた。
     特に作者が異なるコミカライズ版では素晴らしい物語愛を感じるだけに、つくづく完結が惜しまれる。

     惜しい完結だった。その一言だ。
     いまさら星五つで評価するのもやや虚しいが、3巻だけでもこれほど素晴らしい物語を漫画化して読ませていただけたことに感謝したい。

  • えっ、最終巻?まじか……マンガはまだ続いてほしかった。(もちろん本編も続けてほしかった)よいハードボイルド。

  • コーヒーブレイク本。

    冒険者レカンの英雄譚、第3巻(2020/10/10発行、704E)。

    やっとレカンの冒険譚が始まったと思ったら、3巻で打ち切りとは...
    物語の締め方が強引だったのでしょうか最終話が今一つのため、評価は★一つマイナスしていますが、良い先品だった残念に思います。

全3件中 1 - 3件を表示

新川権兵衛の作品

ツイートする
×