コロッサスの鉤爪 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.51
  • (8)
  • (30)
  • (35)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 413
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041108895

作品紹介・あらすじ

――海に現れた「壁のない密室」――

何者かに海中深くに引きずり込まれた元ダイバー。
無残な遺体には鉤爪で付けられたかのような不審な傷が残されていた。
現場はソナーで監視され、誰も近づけないはずの“音の密室”。
事件の調査依頼を引き受けた、防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、
大海原に隠された謎に挑む! (「コロッサスの鉤爪」)。
表題作ほか計2編収録。『ミステリークロック』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。


本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」は、同時に発売された文庫『ミステリークロック』に収録されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『鏡の国の殺人』と『コロッサスの鉤爪』の二篇
    『鏡の国の殺人』はトリックがどうなっているのかわかりづらかった。現代アート作品を用いた仕掛けだったからという面もあるだろうが、「気持ちのいい」読了感は少ないと感じた。偏光フィルターを使うという面はとても面白く、そんなことができるのかという想像だけなんとなくできた程度の理解だった。トリック解説に入る前の人間のやりとりはとても楽しいものがあったと感じた。
    『コロッサスの鉤爪』は仮説を外堀から埋める感じが真相に近づくたびにワクワクするような高揚感を覚えた。トリックは先より複雑ではなく、理解しやすいものだったが少し力づく感があったと感じた。また、勧善懲悪のストーリーだったため読み終わった後もスッキリとした後味でとても読みやすい物語だと感じた。

  • ドラマ化もされていた防犯探偵シリーズの中短編集その2。『ミステリー・クロック』よりもこちらが好みだった。「鏡の国の殺人」はトリックが専門的すぎて理解が難しいが、先にドラマで見ていたのでイメージしやすかった。表題作は謎もトリックも魅力的で、多視点で描かれていくのもスリリングで読む手がとまらない。ただ、榎本と青砥のやりとりのコメディ要素はもう少し薄い方が好み。

  • これはおもしろい!
    被害者が卑劣な奴で犯人に同情しつも、密室は解いてしまうのね。
    このまま、事故にすればいいのに

  • とてもとてもとても好きなお話。
    鏡の国のアリスをテーマにした短編と、
    深海をテーマにした短編。
    1作目はまたもや強烈なキャラクターの人が出てきて、出てきた瞬間この話はお前が主人公だ、と思った(笑)

    表題作のコロッサスの鉤爪は、榎本&純子シリーズで一番好き。
    貴志祐介はやっぱりサイコパスを書くのが上手。
    一番切なくてグッとくる謎解きと余韻だった。
    金田一少年の事件簿の殺戮のディープブルーという映画を思い出した。

    覚悟を決めた人は、凪のように穏やかで、切ない。

  • 「鏡の国の殺人」
    「コロッサスの鉤爪」

    防犯探偵・榎本シリーズ第4弾『ミステリークロック』を分冊化したもの。
    本書は、「鏡の国の殺人」と「コロッサスの鉤爪」という2つの中編の組み合わせ。
    「鏡の国の殺人」は映像化済み。というかトリックの性質上、ドラマと合わせて読むとより楽しめる。
    「コロッサスの鉤爪」は謎の深海生物がいるのではという謎が読み手を引きつける。
    こういう勧善懲悪的な物語は好きだが、欲を言えばもう少しそれぞれの人物たちの背景を描写してもらいたかった。

  • 何者かに海中深くに引きずり込まれた元ダイバー。
    無残な遺体には鉤爪で付けられたかのような不審な傷が残されていた。

    この惹句にひかれて読んでみた。
    「鏡の国の殺人」と「コロッサスの鉤爪」が収録されていたが、「鏡の国の殺人」は★★
    「コロッサスの鉤爪」は★★★
    ちょっとガッカリだった。

  • 限定的な密室

  • 久々の続編。もう少し榎本と純子の掛け合いがあって欲しかった。

  • 光の速さで読み始め、読み終えた事に寂しさを感じています。

    どちらも幻想的な空間での殺人で、どこか切なかったです。
    全体的に動機が辛いですね。
    『コロッサスの鉤爪』に関しては、やるせないとしか言いようがないです。
    復讐をしてもしなくても、犯人にとっては一生救われない結末のように感じました。

    榎本さんの本業を見れた事やら、珍しく青砥さんを頼ったあたりやらで、勝手に嬉しく感じました。
    青砥さんの扱いが可哀想に感じます…!
    推理系に疎い私からすると、寧ろ発想力があって羨ましいのに(笑)

  • 防犯探偵シリーズ第四弾その2

    中編物が二作収録されている一冊。
    前編では榎本が殺人犯に仕立てられてしまうと言うピンチから話が始まっていきます。
    青砥先生との連携で解いていく様は、一部安楽椅子探偵を思わせるようでした。

    後編で登場する密室はこれまでの作品の密室とは違い、音の密室を解かないといけないと言う難問に立ち向かう事に!
    僅かなヒントから謎を解いていく榎本の手腕には本当に驚かされます。
    それをサポートする青砥先生の珍推理(もとい迷推理)も相変わらず光っています(笑)

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学卒。96年『十三番目の人格-ISOLA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

「2020年 『コロッサスの鉤爪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貴志祐介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×