向島・箱屋の新吉 謎の客 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041108970

作品紹介・あらすじ

新吉が芸者のお葉とともに訪れた三囲神社で出会ったのは、薪炭屋の主人。お葉のお座敷にも上がったが、どうやら正体は別のようで……向島を舞台に繰り広げられる、芸者たちの諍いに、訳アリ箱屋が挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 謎の客 ― 向島・箱屋の新吉シリーズの2作目 
    2020.12発行。字の大きさは…中(前作よりほんの少し字が濃くなっています)。

    妖艶な向島芸者お葉の箱屋の新吉の人情物語です。

    此度は、赤猫(放火)が有り小伝馬町の大牢から囚人が解き放ちになりました。
    人殺しなどの重罪人を縄で繋ぎ本所回向院に護送していたところ、襲撃されて人殺しの疑いのある銀次郎が仲間と逃亡します。
    その銀次郎が、芸者お葉を贔屓にしてくれている山西屋を何回も襲います。その都度、新吉が助けます。新吉が疑問に思い調べて行くと、ことは意外な展開を見せます。

    【読後】
    最後に、同じ長屋の茂助が、新吉に。
    「侍が、訪ねて来たが、新さんが留守なので帰って行った」と、
    「そのお侍さん、なんだか新さんに雰囲気が似ていたんだ」と……、
    新吉が追いかけると、
    (平岡……)
    新吉はじっと船を見送った。
    いつしか雪が激しくなり、八年ぶりに見る平岡伊一郎の姿が視界から消えて行った。

    え、えぇ――、平岩伊一郎て誰なんだ……?
    次につながるように上手く書いています。
    う、うぅ――、次作も読むか。
    上手いな……

    【豆知識】
    「箱屋」とは、芸者の三味線の入った箱を持つことからついた名前です。芸者に着物を着せたり、帯を結んだりと、雑用をこなしていきます。
    2021.02.07読了

  • 向島の芸者、お葉は、箱屋家業をしている新吉の想い人によく似ていた。その人はもういない。
    お葉を守るためにはなんでもしようと決意する新吉。

    その新吉の正体は、吉原の花魁を守るためにしてもいない事件の犯人として、武士をやめた。

    読めば読むほど、興味がつきない魅力的な主人公像!
    次回作品が待たれる。

  • 新吉はこれからどうする?

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    夜の冷気が身にこたえる季節。向島の人気芸者・お葉の身の回りの世話などをしている箱屋の新吉は、三囲神社で薪炭問屋を営んでいるという男に声をかけられる。金回りはいいようで、男はお葉を座敷に呼ぶが、何か裏がありそうで―。一方、牢脱けした男の行方を追って、同心の扇太郎は聞き込みをしに向島を訪れる。新吉にも人相書きを見せ、協力を仰ぐ。調べていくうちに、大店の主人や人気絵師のかかわりが明らかになる!?

    令和3年3月23日~25日

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年、東京生まれ。83年「原島弁護士の処置」で、オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。87年『絆』で日本推理作家協会賞を、90年『土俵を走る殺意』で吉川英治文学新人賞を受賞する。本書は、情に篤く、正義を追求する風烈廻り与力の活躍を描いた人気シリーズ第55弾。近著に『偽証』『容疑者圏外』『鼠子待の恋』(祥伝社文庫)がある。

「2021年 『恩がえし 風烈廻り与力・青柳剣一郎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小杉健治の作品

向島・箱屋の新吉 謎の客 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×