高家表裏譚3 結盟 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041108987

作品紹介・あらすじ

幕府と朝廷の礼法を司る「高家」に生まれた吉良三郎義央は、名門吉良家の跡取りながら、まだ見習いの身分。だが、御忍びで江戸に来た近衛基煕の窮地を救ったことにより、朝廷から思わぬお礼を受けるが──

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 将来のたかり、ダニの吉良三郎が異例の官位を授かる。
    結盟 ― 高家表裏譚シリーズの3作目
    2021.03発行。字の大きさは…小。
    あとの赤穂浅野家四十七士に討たれた高家旗本四千石の名門・吉良家の御曹司三郎義央(よしなか)の若き日の物語です。前回は、「活躍」の物語と書いたのですが、どうも私は、たかり、ダニに活躍を入れたくなくて抜きました(笑)

    時は、明暦3年(1657年)秋。第4代将軍徳川家綱(将軍在位は、1651年~1680年)の治世。
    近衛基煕(もとひろ)7才が、密使として江戸へ下向し吉良家の当主・義冬(よしふゆ)と話し合ってから3年。近衛基煕も近衛権中納言基煕と官位を授かり。幕府より例年通りの任官を朝廷へ求めに来た高家旗本・戸田土佐守に、近衛は、吉良三郎は、盟友だと言い切ります。
    そして近衛の強い推薦で朝廷は、異例ですが吉良家の当主でもなく見習いの三郎に従四位下侍従(じゅしいのげじじゅう)並びに上野介(こうずけのすけ)の官位を授けます。

    三郎は、病と称して家に籠もり秘かに用人・小林平右衛門の子息・平八郎を供として、京の近衛基煕に昇爵のお礼に行きます。そこで、近衛から三郎に亡くなられた後光明天皇(ごこうみょうてんのう)の意思であった高貴宮(あてのみや)さまへの承継がスムーズに進むように協力を要請されます。

    【読後】
    高家表裏譚シリーズは、この第3巻で終わりとして第4巻は読みません。
    上田秀人の本は、理屈ぽく、説明が多いですが。特に、このシリーズは、理屈をこねまわしている本です。読んでいて面白くない(怒) 

    【豆知識】
    「昇爵(しょうしゃく)」、その意味は「爵位(しゃくい)を上にあげる」こと。
    「後光明天皇(ごこうみょうてんのう、1633年4月20日~1654年10月30日)」は、日本の第110代天皇(在位: 1643年11月14日~1654年10月30日)。
    「高貴宮(あてのみや)」は、霊元天皇(れいげんてんのう、1654年7月9日~1732年9月24日)は、日本の第112代天皇(在位: 1663年3月5日~1687年5月2日)。諱は識仁(さとひと)。称号は高貴宮(あてのみや)。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    第4代将軍徳川家綱は、慶安4年(1651年)に将軍家を継承した時はわずか11歳だったため、家光死去の直後に浪人・由井正雪らによる慶安の変(討幕未遂事件)が起こるなどして政情不安に見舞われたが。叔父の保科正之や家光時代からの老中・松平信綱、阿部忠秋、酒井忠清ら寛永の遺老といわれる名臣に支えられ、在位29年(1651年~1680年)。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    293ページ
    2021.08.09~10読了
    ★★☆☆☆

    ※シリーズの感想と読了日
    密使 ― 高家表裏譚シリーズの2作目 2021.06.11読了
    https://booklog.jp/users/kw19/archives/1/4041092744#
    跡継 ― 高家表裏譚シリーズの1作目 2021.03.30読了
    https://booklog.jp/users/kw19/archives/1/4041092736#

  • 吉良上野介になりました
    家督も継がない嫡男が、見習いからの
    侍従・従四位下(親とおんなじ)
    血盟を汲んだのは3年前に生死を共にした
    近衛基煕の思惑だが、単純な友情ではなく
    将来顕れる皇位継承の争いに備えて・・・
    何百年の流れで家の存続を考える公家なら
    ではの未来への布石に義央は妙手を打てる
    のであろうか (´・ω・`)ムリムリ

  • 近衛と吉良の連携?
    だいぶスケール感が出てきたけど…
    今後どう展開するか

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1959年大阪府生まれ。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に単行本『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞。2022年、「百万石の留守居役」シリーズで吉川英治文庫賞を受賞。主なシリーズに「将軍家見聞役 元八郎」「織江緋之介見参」「お髷番承り候」「禁裏付雅帳」「裏用心棒譚」(以上、徳間文庫)、「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人 大奥記録」「聡四郎巡検譚」「惣目付臨検仕る」(以上、光文社文庫)、「奥右筆秘帳」「百万石の留守居役」(以上、講談社文庫)、「妾屋昼兵衛女帳面」「町奉行内与力奮闘記」(以上、幻冬舎時代小説文庫)、「表御番医師診療禄」「高家表裏譚」(以上、角川文庫)、「日雇い浪人生活録」(ハルキ文庫)、「勘定侍 柳生真剣勝負」(小学館文庫)などがある。そのほかにも『本懐』(光文社)、『夢幻』『翻弄』(中央公論新社)、『本意に非ず』(文藝春秋)、『陽眠る』(角川春樹事務所)など著書多数。

「2022年 『隠密鑑定秘禄一 退き口』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×