火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

著者 :
  • KADOKAWA
4.35
  • (19)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109083

作品紹介・あらすじ

おもちゃメーカーの経理部で働く清貧女子の九鬼玲子と会社の御曹司で浪費家の猿渡慶太。お金に対する価値観が正反対の二人の恋の行方は!? 「カネ恋」の全てがわかるシナリオブック!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 結末まで読めて良かったです。
    ドラマで4話の玲子が早乙女に振られて泣くシーンがとても好きなんですが、シナリオブックではそこまで響くことがなかったので、改めて俳優の凄さがわかりました。

  • 中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子は、とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する"モノ" の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太は、「浪費」にかけては天賦の才能を持った男。営業部に在籍していたが、浪費のしすぎで玲子がいる経理部に異動になる。そんな金銭感覚が両極端な、「清貧女子」と「浪費男子」が出会い、ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり・・・。
    ドラマを楽しみにしていたので三浦さんの訃報に衝撃を受けたことを思い出します。本来の脚本はこんな結末だったのかーと、彼を含む役者さんたちの姿を想像しながら楽しく読みました。4話verの終わり方もかなり好きだったし上手く作られているなと思ったけれど、もともとのものも見たかったですね。心から惜しまれます。お金の使い方って人の生き方そのものでもあるし、自分の浪費を見直したい。

  • ドラマで観たかった。最後まで。気になって気になってしょうがなかった。この2人の行く末が。やっと、この気持ちの綻びが繕われた。

    清貧。なんとも良き言葉。丁寧に生きよう。

  • ドラマを全話見た後に、この本の情報を見て本来ならどのような結末だったんだろうと思って購入した一冊。読んでいてドラマを思い出すことができたり、展開を楽しむことができて改めて買って良かったと思った。

  • 春馬くんありがとう

  • 本来はどんなストーリーだったのかと思い購入した。シナリオブックを読むのは初めてかも。放送された4話までで作り上げられたキャラクターを思い描きながら読む楽しみがあった。俳優やスタッフがイマジネーションを働かせながら作り上げるはずだったドラマを最後まで見ることが出来ず…残念です。
    【2020.12】

  • 良き。ほっこり。

  • 計画を立てて堅実に生きていくことは安心する。
    その通りにならないことだっていっぱいあるけど、
    それでも誰かの立てる将来の計画に自分がいることは嬉しい。
    価値観は違うし、価値観が近いと接しやすい。
    だけど価値観が合わなくても一緒にいることはできる。
    綻びが気になる玲子の価値観を、
    おもちゃを、家族を大切にする猿渡さんの価値観を、
    お互いに大切にしているのが心地よい。

  • 良き良き良き!

  • ずっと気になっていた本来のストーリーを読む事ができて本当に良かったです!
    慶太と玲子らしいちょっと変わった、でもとても可愛い2人のラブストーリーが詰まっています。
    そしてドラマでは観る事が叶わなかった春馬くん演じる慶太が生き生きと本の中にいます。
    読みながら、キャストみんなの演じる姿がハッキリと目に浮かぶ、、、あー、ドラマ最後まで見たかった!!
    10年後くらいにドラマでリメイクしてほしい!!
    素晴らしいストーリーです

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。第16回フジテレビヤングシナリオ大賞で、佳作受賞。代表作に『1リットルの涙』、第1回市川森一脚本賞を受賞した『恋するハエ女』、2015年大河ドラマ『花燃ゆ』がある。

「2020年 『火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島里美の作品

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブックを本棚に登録しているひと

ツイートする
×