終末のアリア

著者 :
  • KADOKAWA
2.62
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 73
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109090

作品紹介・あらすじ

2021年9月11日午前8時46分、国会議事堂に無人偵察機が墜落・炎上した。同時多発テロから20年後のこの日、誰が何を目的にテロを起こしたのか? そしてなぜターゲットは日本なのか――。奇しくも同じ日、アメリカが国際指名手配するイスラム過激派テロリスト・赤星瑛一が警視庁に出頭してくる。このままではCIAに暗殺される、身の潔白を証明させてほしいと保護を求めてきたのだ。警察はテロ犯の疑いをもって赤星の身柄を拘束するも、その後に次々とサイバーテロが発生、取調室の赤星は「神の裁き」だと繰り返すばかりで犯人像はまったく掴めない。首相官邸、防衛省、警察庁は一枚岩になりきれず右往左往、具体的な対策を打ち出せないでいるうちに、東京の電力供給がストップし、国民生活にも被害が及び始める。大混乱の最中、追い打ちをかけるように北朝鮮のミサイル発射を知らせる警報が鳴る・・・・・・。突如訪れた国家と世界の危機に、「平和の国」日本はどう立ち向かうのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 壮大かつ複雑、加えて善悪や真偽も問う
    とても奥深い物語でした。

    宗教を含めた歴史的な背景にさまざまな
    国の思惑や国益が絡み合って起こる戦争、
    そしてそれらの犠牲になる人々。

    守るべきものは何なのかを考えさせられる。

    たくさん頭を使って疲労困憊ですが、
    結末が救われないものでなくて良かった。

  • 大変壮大で外交と軍事、そして宗教的対立という極めて難しい課題に切り込んで、平和と国防を訴えていることが理解できた。亡国のイージスを彷彿とさせる大作でした。ただし表紙が軽いSFみたいに感じるのでもうちょっと硬派な感じにしたほうがいいかな。

  • テロの形や在り方、考え方について考えさせられ、違う視点がすこし見えた小説でした。

  • 日本を舞台にしたテロ事件。その裏にはアメリカや中東も関わってきな臭い内容となっている。
    全体的に登場人物が多く、読みづらかった。テロ犯もイマイチ分かりづらかったし、最後までパッとせずに読み終わった。物語の視点が警察側、政府側と分かれて進んだがどちらの一本にした方が分かりやすかったと思う。
    AIがテロ犯というのも現実味が湧かなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

辻寛之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×