家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像

  • KADOKAWA
3.73
  • (7)
  • (20)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 181
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041109434

作品紹介・あらすじ

国家に親代わりを求めた男。
殺人犯なのに刑務所で生存権を主張し続け、法廷で無期懲役に万歳三唱をした犯人・小島一朗。
誰も踏み込まなかったその内面に、異端の写真家が迫る。全真相解明、驚愕の事件ルポ!

犯人はいったい何者なのか?
―――――
【新幹線無差別殺傷事件】
2018年6月9日、走行中の東海道新幹線の車内で男女3人が襲われ、2名が重軽傷、男性が死亡した。「刑務所に入りたい」という動機だったため、一審で無期懲役となった際に小島一朗は法廷で万歳三唱をした。控訴せず20年1月に刑が確定。小島は刑務所内で生存権を主張し続けている。
―――
2008年以降の通り魔殺人事件の犯人は前科前歴なし、両親は揃っており、貧困家庭でもなく友人関係に問題もない、「普通」の者が多い。
だが、「死刑になるため」「刑務所に入るため」と彼らは犯行に及ぶ。
約3年にわたる取材で理解不能な動機、思考を浮き彫りにする驚愕のルポ!

【目次】
序章 鞘─―刑務所に入る夢を叶えた男 
第一章 心――写真家が人殺しに興味を持つ理由
第二章 偏―─歩み寄る難しさ
第三章 記―─「むしゃくしゃしてやった、誰でもよかった」の真相
第四章 凶―─餓死することを止め、生きる選択をした
第五章 会―─アクリル板越しの作り笑顔
第六章 家―─浮かび上がるいい子
第七章 迷―─食い違う家族の言い分
第八章 裁―─真実が語られない虚無な裁判
第九章 答――刑務所でしか手に入らないもの─
第十章 辿―─犯行時のシミュレーションから感じること─
最終章 刑―─自傷行為を通して得られる愛

あとがき
主要参考文献一覧

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 医師逆恨みによる凶悪犯罪と責任能力:日経メディカル
    https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/tanabe/202202/573807.html

    《新幹線無差別殺傷》「ばんざーい! ばんざーい! ばんざーい!」殺人犯が法廷で見せた“異常行動”の“真意”とは | 文春オンライン
    https://bunshun.jp/articles/-/48893

    インベカヲリ★
    http://www.inbekawori.com/

    「家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像」 インベ カヲリ★[ノンフィクション] - KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000737/

  • ちょっと言葉が出てこない。この犯人像は…。
    死刑にはならないように、でも有期刑ではなく無期懲役となるように、計画的に無差別殺傷事件を起こした男を、継続的に取材したノンフィクション。ことさらに残虐な描写をすることなく、生育歴や人間関係を呑み込みやすいストーリーにまとめることもなく、取材者の実感に即して綴られている。覗き見趣味を煽るような事件ノンフィクションは苦手だが(読んでみたくなるのがイヤなのかも)、そういうたぐいではない。
    犯人の小島は子供の頃から、刑務所か精神病院で暮らしたいと言っていたそうだ。理解に苦しむその願望はなぜ生まれたのか。不安定な生育環境や虐待、発達障害やパーソナリティ障害など、いくつもの要因が複雑に絡まり合っているのだろうが、それが無差別殺人につながっていくところに、戦慄を覚えずにはいられない。犯人の母や祖母がどこにでもいそうな、いや、と言うより社会的にも人間的にも普通以上にちゃんとした人に思えるのがつらい。
    たまたま新幹線で犯人の隣に座り、いきなりナタで切りつけられた女性二人は、東方神起のコンサートの帰りだったそうだ。そこに割って入って犯人に立ち向かい、命を落とした男性は、後方ドア近くのすぐに逃げられる席に座っていたという。そのことが心から離れない。

  • 2018年6月9日に走行中の新幹線車両で、隣の席の女性と近くの席の女性に鉈で切りつけ、二人を庇った男性を襲い、死に至らしめた小島一朗への取材ルポタージュ。動機が「刑務所に入るため」で「無期懲役がよい」とのことで、無期懲役の判決に万歳三唱をしたことは話題になった。

    小島被告には発達障害があり、ADHDとのこと。また猜疑性パーソナリティー障害があるとの診断だった。
    著者は随分根気強く取材を行っていたのだなあ、とよく分かる。本人の中では理路整然としているのだろうが、他人からしたら支離滅裂だし、自己中心的としかいいようのない考え方。
    人に迷惑をかけたくない、のに 殺人により刑務所に入ることは優先される、という。刑務所内の人権を向上しようとしているとことだが、他者の人権を制限したから刑務所に入ることになった人が大半ではないだろうか。その制限された他者の人権はよいのだろうか。

    特に殺人は取り返しがつかない。どうやったって、失われた命は帰ってこない。自分が理不尽に命を奪われるようなことになったら、許せないと、小島被告は言う。でも、自分が奪った命については「自分が刑務所に入ることが(他者の命より)優先されると思った」と。反省もしないし、謝罪もしない。
    母親や祖母が言ったという言葉を細かく記憶し、それに拘って、嘘をついている、とか、理不尽だと言う。
    小島被告が受けた虐待の数々も家族からの暴言も、本当であるかもしれないけれど、家族にだって言い分はあるだろう。また被告が話を盛っている可能性だってある。事実、祖母と小島被告の証言は全く噛み合っていない部分がある。どんなに虐待を受けていたとしても、新幹線で他人を殺していい理由にはならない。自分の人権が守られなかったからと言って他人を殺していい理由にはならない。

    彼に反省をさせることも殺人について後悔をさせることも無理なのだと思う。愛情や教育が人を更生させる、ということもあるだろうが、それらが全く効かないときも、私はあると思う。

  • よくぞ、ここまで取材を重ね
    よくぞ、ここまで綴られた
    と思いました

    読み進むうえで
    何度も ふぅっ とため息
    あまりに やりきれなくて
    他の本に手を出し
    しばらくして
    また読みだすという
    やりきれなさ、
    まるで不可解、
    理解不能、
    それらを上回る
    筆者の「なぜ?」の究明
    に助けられて
    なんとか最後まで
    辿り着きました

    あとがきの中で
    インベカヲリさんが
    ー個人を掘り下げることは、社会を見ることに繋がると  思っている
    と言っておられる
    確かにそうなんだろうけれど…

    美輪明宏さんの本のどこかにあった
    「根っからの悪人というのは いるわよ」
    という言葉が浮かんできました

  • 被告の万歳三唱の場面から始まる、2018年東海道新幹線車内殺傷事件のルポ。「こんな事件あったな」と図書館でなんとなく借りたのだけど、小島(犯人)と著者の手紙のやりとりと面会、犯行前の出来事、小島の家族への丹念な取材など、読み応えのあるルポだった。

    第一章で挙げられている類似事件を思い出すためググったり、大阪のビル放火事件をふと思い出しながら大晦日に読んだのだけど、小島と家族の言葉(言い分)は結局何が本当で何が正しいのか不明のままで、こういう類の事件は結局永遠にすべてを理解することはできないのだな、とか、小島の動機や彼にとっての刑務所の役割だとか、なんともモヤモヤが残る読後感だった。

    (もちろん解明されればそれでOKとか、小島の生い立ちが悪かったとか、社会がうんぬんとかで全てを片付けられる問題ではないのだけど……難しい)

  • 2018年6月に起きた「新幹線無差別殺傷事件」。その加害者の動機と論理に迫るルポルタージュ。筆者がたどり着いた答えは、本の帯にあるように「国家に親代わりを求めた」ということ。

    本書を読む限りでは、こうした事件を起こした要因の多くは本人の精神疾患や生育環境に因るようだが、「刑務所に入ること」に加害者は当初から異常なほど固執していた。一般的には、刑務所とは「不自由な場所」であり入りたくない場所であるが、この事件の加害者にとっては積極的に入りたい場所と捉えられている。

    それは、刑務所とは人間どうしの複雑なコミュニケーションよりも明確で確固とした規則や規律によって運営されており、その規則や規律にさえ従うことができればそれでいい場所だから。死にたいと思っても、収監中の囚人は生かさなければならないということすら法によって定められている場所だから。自傷行為をしても看守が必ず止めてくれる。ハンストをしても胃に挿管されて無理やりにでも食べ物を摂取させられる。それらを通すことによって、自分には生きる権利があると実感できる。

    著者自身もあとがきで触れているが、事件の被害に遭われた方、亡くなった方、そのご家族の方のことを思うと、実際の事件を題材にした文章を「消費」するように読むことは適切ではないのだと思う。刑務所が刑務所としてではなく福祉施設としての役割を担うようになっているということが言われて久しいが、本書からは刑事司法、福祉、家族とはなんだろうか、どうしたらよかったのだろうかといろいろ考えさせられた。

  • 解明、と言えるのかな…
    犯人がこの事件を犯すに至った思想はなんとなく分かったような気もするけど
    どうしてその思想を持つようになったのかというところはわからない。
    「無期懲役」を勝ち取るためにわざと言ってることがあったり
    家族親族だって自分を守るために都合良く言っていることもあるし…

    ただ、こんな事件は2度と起きてほしくないし
    被害者やご遺族を思うと本当にいたたまれない。

    当日の車内の状況のところは、読んでいて寒気がした。車掌はよく落ち着いて向かっていけたものだと思う。

  • 2018年に東海道新幹線車内で起きた無差別殺傷事件。「刑務所に入りたい」という動機。無期懲役となった犯人の実相に迫るノンフィクション。

    何とも後味の悪い作品。もちろん筆者のせいではない。犯人の意図の通り無期懲役の判決。無作為に殺された被害者のことを考えるとやりきれない気持ちになる。

    筆者は3年間にわたり被告との面会、親族への取材を通じて犯人の実像に迫ろうとするが、結局犯人の本心には近づけない。

    模倣犯まで生まれる無差別殺傷事件。結論こそ掴めないが事件の真相を丹念に取材した一冊でした。

  • 遺族が「事件の本当のところを知りたい」と言っていたが、裁判のとおりなのだろう。「刑務所に入りたいから殺人をした」
    たとえ遺族が納得できなくても、それは被告人にとってまったくの真実だ。
    ではなぜ被告人が刑務所に入りたかったというと、壮大な「試し行為」であったと解釈した。他人を巻き込んでまでのはた迷惑な試し行為ではあるが、当人にとってはそれほどまでに愛情に飢えていたということだ。被告人は読む本を間違えている。心理系の本まで手を伸ばせば、その結論にはいずれ到達していただろう。ただ、それを本人は頑なに認めないだろうけれども。

    ここまで被告人と信頼関係を築いて多くのことを引き出せたルポ本は珍しい。称賛に値する。

  • 著者には失礼だか、読む方としてはちょっと内容が間伸びした感じが伺えた。

    小島一郎の実像はしっかりと、著者視点で書かれており説得力があった。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、東京都生まれ。写真家。短大卒業後、独学で写真を始める。編集プロダクション、映像制作会社勤務等を経て2006年よりフリーとして活動。13年に出版の写真集『やっぱ月帰るわ、私。』で第39回木村伊兵衛写真賞最終候補に。18年第43回伊奈信夫賞を受賞、19年日本写真協会賞新人賞を受賞。写真集に『理想の猫じゃない』、『ふあふあの隙間①②③』がある。ノンフィクションライターとしても活動しており、「新潮45」に事件ルポなどを寄稿してきた。著書に『家族不適応殺 新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像』、『私の顔は誰も知らない』など。

「2022年 『「死刑になりたくて、他人を殺しました」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

インベカヲリ★の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×